質量分析装置 LC/MS/MS
メーカー名 SCIEX
形式・型番 4000QTRAP
設置場所 大型分析機器室-1
担当者 江上(内線3968)
Q3部にリニアイオントラップ機構を採用している。
プリカーサーイオンスキャンや、ニュートラルロススキャン、MRMモードなどの従来の三連四重極型質量分析装置の機能に、
Q2部分での衝突解裂により生じたフラグメントイオンをリニアイオントラップで検出するプロダクトイオンスキャンEnhanced Product Ion ScanEP)や、多価イオンを選択的に測定するスキャンEnhanced MultiplyCharged Ion ScanEMC)、MS/MS/MSなど、リニアイオントラップ独自の機能が加わり、それらを組み合わせることによって、多様な測定が可能になっている。
マスレンジは、四重極・リニアイオントラップとも m/z=2800 まで広がっている。
3種類のLCが設置されている。(・Agilent社 Agilent1100  ・KYA社 DiNa-APS01 
・日本ウォーターズ株式会社 ACQUITY UPLC H-Class Bio)
接続するにはMSの真空を一旦解除してから行う。