教室について
ホーム > 教室について
理念
■われわれの目指すところ
臨床:
  1. 現代医学的に見て最善と思われる医療を提供する。
  2. わかりやすい納得できる説明を行う。
  3. 他の医療機関から見て安心して紹介できる病院となる。
教育:
  1. 次代を担う良き医療人を育成する。
  2. 最先端の科学技術を駆使し、世界に通用する臨床とサイエンスの融合できる
    臨床医ーPhysician scientistーを養成する。
研究:
  1. 患者様のニーズをまず考えた研究を行う。
  2. 現在治療可能ではない疾患の治療法を開発する。
  3. 現在病気のメカニズムが解明されていない疾患のメカニズムを解明する。
教室の歴史
■主な出来事
1944年 大阪市立医学専門学校開校
1947年 大阪市立医科大学に昇格
1948年 櫻根好之助が初代教授に就任、
皮膚泌尿器学講座が開講
1955年 大阪市立大学医学部となる
1963年 皮膚科と泌尿器科が分離独立、
斉藤忠夫が皮膚科学教室教授に就任
1967年 第18回日本皮膚科学会中部連合地方会開催
1969年前後 大学紛争で停滞
1976年 青木和夫が和歌山県立医科大学教授で転出
1979年 濱田稔夫が教授就任
1984年 第35回日本皮膚科学会中部支部総会
学術大会を主宰
1989年 辻 卓夫が名古屋市立大学教授で転出
1992年 第7回日本色素細胞学会年次学術大会主催
1994年 第24回日本皮膚アレルギー学会主催
1995年 石井正光が皮膚科教授に就任
2001年 第4回日本補完代替医療学会学術集会主催
2001年 第26回日本接触皮膚炎学会総会・学術大会主催
2010年 第61回日本皮膚科学会中部支部学術大会主催
2012年 第10回日本フットケア学会主催
2012年 平成24年度日本東洋医学会関西支部例会主催
2013年 鶴田大輔が皮膚科教授に就任
2015年 第34回分子病理学研究会大会長
2016年 第23回分子皮膚科学フォーラム当番世話人 
2016年 第38回日本光医学・光生物学会副会頭