教室について
ホーム > 教室について
理念
■われわれの目指すところ
臨床:
  1. 現代医学的に見て最善と思われる医療を提供する。
  2. わかりやすい納得できる説明を行う。
  3. 他の医療機関から見て安心して紹介できる病院となる。
教育:
  1. 次代を担う良き医療人を育成する。
  2. 最先端の科学技術を駆使し、世界に通用する臨床とサイエンスの融合できる
    臨床医ーPhysician scientistーを養成する。
研究:
  1. 患者様のニーズをまず考えた研究を行う。
  2. 現在治療可能ではない疾患の治療法を開発する。
  3. 現在病気のメカニズムが解明されていない疾患のメカニズムを解明する。
教室の歴史
■主な出来事
1925年 市立市民病院 開設
1939年 皮膚泌尿器科 開設
久保山 高敏 医長就任
1940年 大阪市立南市民病院と改称
中島 實 医長就任
櫻根 進一 医長就任
1944年 大阪市立医学専門学校 開設
1945年 皮膚泌尿器科学 櫻根 進一 教授就任
1946年 原田 兵三 教授就任
1947年 大阪市立医科大学に昇格
1948年 皮膚泌尿器学講座開講
櫻根 好之助 教授就任
1949年 大阪市立医科大学で初の大阪地方会を開催
第48回日本皮膚科学会総会で大阪市立医科大学として発表
1955年 大阪市立大学医学部(4年制)となる
1962年 田村 峯雄 教授就任
1963年 皮膚科と泌尿器科に分離
田村教授は泌尿器科教授に就任
斉藤 忠夫が皮膚科教授に就任
1967年 第18回日本皮膚科学会中部連合地方会を主催
1976年 青木 和夫 和歌山県立医科大学教授として転出
1979年 濱田 稔夫 教授就任
1984年 第35回日本皮膚科学会中部支部総会学術大会 主催
1989年 辻 卓夫 名古屋市立大学教授として転出
1992年 第7回日本色素細胞学会年次学術大会 主催
1994年 第24回日本皮膚アレルギー学会 主催
1995年 石井 正光 教授就任
2001年 第4回日本補完代替医療学会学術集会 主催
第26回日本接触皮膚炎学会総会・学術大会 主催
2010年 第61回日本皮膚科学会中部支部学術大会 主催
2012年 第10回日本フットケア学会 主催
平成24年度日本東洋医学会関西支部例会 主催
2013年 鶴田 大輔 教授就任
2015年 第34回分子病理学研究会 主催
2016年 第23回分子皮膚科学フォーラム 主催
第38回日本光医学・光生物学会 副会頭
2018年 INTERNATIONAL CONGRESS of ATOPIC DERMATITIS 2018 主催

参考文献
大阪市立大学医学部開設20周年記念事業会編(1965)『大阪市立大学医学部20年記念史』大阪市立大学医学部開設20周年記念事業会
桜根太郎(1962)「日本皮膚科学会大阪地方会 第150回の歩みとその背景」,『皮膚』4(1),p41-50
大阪市立大学医学部皮膚科学教室編(1995)『濱田稔夫教授定年退職記念業績集』

当科主催の学会
■開催予定の学会
2019年1月11日(金)・12日(土) 第40回 水疱症研究会
2019年1月13日(日) 第9回 皮膚科心身医学会
2019年6月21日(金)・22日(土) 第46回 皮膚かたち研究学会