小澤俊幸のプロフィール
ホーム >スタッフ紹介(一覧)>小澤俊幸のプロフィール
役職と氏名、特命等
准教授 小澤 俊幸( Ozawa Toshiyuki )
専門分野
皮膚悪性腫瘍及び手術
主な経歴
1998年 大阪市立大学医学部卒業
1998年 大阪市立大学医学部 前期研究
2000年 石切生喜病院 医員
2001年 城東中央病院 医員
2002年 大阪市立大学医学部附属病院 前期研究医
2003年 天理よろづ相談所病院 医員
2005年 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程入学
2009年 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程卒業、
大阪市立大学医学部附属病院 後期研究医
2010年 大阪市立大学大学院医学研究科形成外科学 病院講師
2013年 大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学 講師
2018年 大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学 准教授
主な業績
(1)Photodynamic therapy using systemic administration of 5-aminolevulinic acid and a 410-nm wavelength light-emitting diode for methicillin-resistant Staphylococcus aureus-infected ulcers in mice. Morimoto K, Ozawa T, Awazu K, Ito N, Honda N, Matsumoto S, Tsuruta D. PLoS One. 2014 Aug 20;9(8):e105173.
(2)Enhanced sterilization and healing of cutaneous pseudomonas infection using 5-aminolevulinic acid as a photosensitizer with 410-nm LED light. Katayama B, Ozawa T, Morimoto K, Awazu K, Ito N, Honda N, Oiso N, Tsuruta D. J Dermatol Sci. 2018 Jun;90(3):323-331.
自己紹介(趣味・特技など)
[趣味]  ゴルフ
資格
日本形成外科学会専門医、日本レーザー医学会形成外科専門医、日本レーザー医学会形成外科指導医
学会
日本皮膚科学会、日本形成外科学会、日本レーザー医学会(理事)、日本医学教育学会、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本創傷外科学会、皮膚悪性腫瘍学会、日本美容外科学会、日本研究皮膚科学会(評議員)、日本光線力学学会(評議員)
診療について
皮膚外科手術全般。低侵襲の治療で最大限のQOLを得ることのできる、新しい治療法を日々考えています。 現在の研究は、光線力学療法(Photodynamic Therapy:PDT)で感染症を治療する研究をおこなっています。臨床研究を開始しています。