菅原弘二のプロフィール
ホーム >スタッフ紹介(一覧)>菅原弘二のプロフィール
役職と氏名、特命等
准教授 菅原 弘二 ( Sugawara Koji )
専門分野
毛髪疾患
主な経歴
2000年 大阪市立大学医学部卒
2000年 大阪市立大学医学部皮膚科学教室入局
2003年 大阪市立大学大学院医学研究科博士課程臨床医科学専攻
2007年 大阪市立大学大学院卒
2008年 ドイツリューベック大学研究皮膚科学教室に博士研究員として留学
2012年1月 大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学 病院講師
2012年4月 大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学 講師
2017年 大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学 准教授
主な業績
(1) Sugawara K, Zákány N, Hundt T, Emelianov V, Tsuruta D, Schäfer C, Kloepper JE, Bíró T, Paus R. Cannabinoid receptor-1 controls human mucosal-type mast cell degranulation and maturation in situ. J Allergy Clin Immunol. 2013 (in press).
(2) Ramot Y*, Sugawara K* (contributed equally), Zákány N, Tóth BI, Bíró T Paus R. A novel control of human keratin expression: Cannabinoid receptor 1-mediated signaling down-regulates the expression of keratins K6 and K16 in human keratinocytes in vitro and in situ. PeerJ. 2013 (in press).
(3) Sugawara K, Bíró T, Tsuruta D, Tóth BI, Kromminga A, Zákány N, Zimmer A, Funk W, Gibbs BF, Zimmer A, Paus R. Endocannabinoids limit excessive mast cell maturation and activation in human skin. J Allergy Clin Immunol. 2012 Mar;129(3):726-738.e8.
(4) Böhm M, Apel M, Sugawara K, Brehler R, Jurk K, Luger TA, Haas H, Paus R, Eiz-Vesper B, Walls AF, Ponimaskin E, Gehring M, Kapp A, Raap U. Modulation of basophil activity: A novel function of the neuropeptide α-melanocyte-stimulating hormone. J Allergy Clin Immunol. 2012 Apr;129(4):1085-93.
(5) Sugawara K, Schneider MR, Dahlhoff M, Kloepper JE, Paus R. Cutaneous consequences of inhibiting EGF receptor signaling in vivo: Normal hair follicle development, but retarded hair cycle induction and inhibition of adipocyte growth in Egfr(Wa5) mice. J Dermatol Sci. 2010;57:155-161.
(6) Ito N, Sugawara K, Bodó E, Takigawa M, van Beek N, Ito T, Paus R. Corticotropin-Releasing Hormone Stimulates the In Situ Generation of Mast Cells from Precursors in the Human Hair Follicle Mesenchyme. J Invest Dermatol. 2010;130:995-1004.
(7) Kloepper JE*, Sugawara K* (contributed equally), Al-Nuaimi Y, Gáspár E, van Beek N, Paus R. Methods in hair research: how to objectively distinguish between anagen and catagen in human hair follicle organ culture. Exp Dermatol. 2010;19:305-12.
(8) Sugawara K, Tsuruta D, Ishii M, Jones JC, Kobayashi H. Laminin-332 and -511 in skin. Exp Dermatol. 2008;17:473-80.
(9) Sugawara K, Tsuruta D, Kobayashi H, Ikeda K, Hopkinson S, Jones JC, Ishii M. Spatial and temporal regulation of hair growth by laminin-322 and -511. J Histochem Cytochem. 2007; 55:43-55.
自己紹介(趣味・特技など)
[趣味] JAZZ鑑賞(たまに演奏もします)、映画鑑賞、飲酒
資格
日本皮膚科学会認定専門医
学会
日本皮膚科学会、日本研究皮膚科学会、国際カンナビノイド研究学会
診療・研究スタイル
毛髪は感覚器、保温、外部からの刺激に対する防御といった生理作用だけでなく、社交面でも重要な役割を担っています。そのため脱毛症を含めた毛髪疾患に罹患された患者さんの受ける精神的ストレスは計り知れません。種々の毛髪疾患に対する治療を行うためにはその疾患の病態理解が不可欠であると考えていますので、トリコスコピー、皮膚生検、血液検査などの検査は通常の外来で積極的に行っています。これらの検査結果をふまえ、ステロイドパルス療法、免疫療法、紫外線療法、赤外線療法などの治療法を行っています。
研究面では、脱毛症の病態をより深く理解するために免疫組織化学的な手法を主に用いた研究を行っています。ただ漫然と研究を行うのではなく、常に患者さんの治療を考えた研究を行う事をモットーとしています。