鶴田大輔のプロフィール
ホーム >スタッフ紹介(一覧) >鶴田大輔のプロフィール
役職と氏名、特命等 
教授 鶴田 大輔 ( Tsuruta Daisuke )
専門分野
自己免疫性水疱症(天疱瘡・類天疱瘡)、乾癬、創傷治癒
主な経歴
●学歴・職歴
1992年 大阪市立大学医学部卒
1999年 大阪市立大学院卒
寺元記念病院医長
2000年 ノースウエスタン大学博士研究員
2003年 大阪市立大学 病院講師
2005年 大阪市立大学医学部 講師
2005年 大阪市立大学大学院医学研究科 講師
2011年 久留米大学准教授
2011年 大阪市立大学大学院医学研究科 講師、
久留米大学客員准教授
2013年 大阪市立大学大学院医学研究科 教授、
久留米大学客員教授兼任
2015年 4月-2018年3月 大阪市立大学医学部附属病院病院長補佐
2016年 和歌山県立医科大学非常勤講師兼任
2017年 -現在 近畿大学医学部非常勤講師兼任
2017年 -現在 大阪市立大学大学院医学研究科長補佐
●学会・医師会等役員
2015年 第34回分子病理学研究会大会長
2016年 第23回分子皮膚科学フォーラム当番世話人
2016年 第38回日本光医学・光生物学会副会頭
主な業績
主な業績については以下の検索サービスよりご覧下さい。
 
自己紹介(趣味・特技など)
大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学教授の鶴田大輔と申します。私は平成4年に大阪市立大学医学部を卒業後、平成11年に大阪市立大学大学院を修了し医学博士号を修得致しております。その後、病院勤務を経て米国ノースウエスタン大学で博士研究員を3年間勤め帰国後、大阪市立大学で病院講師、講師を務めました。その後、久留米大学皮膚科で准教授として赴任する機会もございました。この2013年4月1日から大阪市立大学皮膚科の4代目の教授を勤めております。現在、久留米大学客員教授・放送大学非常勤講師も併任致しております。
私の専門分野は臨床的には自己免疫性水疱症(天疱瘡と類天疱瘡)と尋常性乾癬であります。研究は自己免疫性水疱症と創傷治癒の発症機序の解明にあります。特に水疱性類天疱瘡という、高齢者に多い難治性の皮膚疾患の解明をライフワークに致しております。大阪市立大学皮膚科を国際的な難治性皮膚疾患の診断・治療・研究拠点にしたいというのが目標でございます。
資格
日本皮膚科学会認定専門医
受賞歴
大阪市医学会市長賞
日本皮膚科学会西部支部学術集会学会長賞
日本接触皮膚炎学会ポスター賞
日本皮膚科学会基礎医学研究費(資生堂寄付)
 Society for Cutaneous Ultrastructure Research Best Oral Presentation Award
日本臨床分子形態学会学術奨励賞
社会活動
日本皮膚科学会代議員
日本皮膚科学会中部支部財務委員長
日本研究皮膚科学会理事
日本乾癬学会理事
日本皮膚免疫アレルギー学会 理事(会則委員会委員長)
日本皮膚病理組織学会理事(国際関係担当、機関誌担当)
皮膚かたち研究学会理事(学術委員会委員長)
日本フォトダーマトロジー学会理事
日本光医学・光生物学会理事
日本皮膚科心身医学会理事・事務局長
独立行政法人医薬品医療機器総合機構専門委員
加齢皮膚医学研究会幹事
日本白斑学会評議員
日本褥瘡学会評議員
日本結合組織学会評議員
日本組織細胞化学会評議員
日本臨床分子形態学会評議員
日本抗加齢医学会プログラム委員
水疱症研究会世話人
分子皮膚科学フォーラム世話人
分子病理学研究会世話人
皮膚脈管膠原病研究会世話人
日本小児皮膚科学会世話人
日本病巣疾患研究会顧問
Asian Academy of Dermatology and Venereology (AADV) Honorary Fellow
Vietnamese Society of Dermatology and Venereology Honorary member
雑誌編集委員
Photomedicine Photobiology, Editor-in-Chief
J Dermatol、 Editor
Exp Dermatol、 Associate Editor
J Dermatol Sci、 Section Editor
J Cutan Immunol Allergy, Editorial Board
Acta Histochemica et Cytochemica, Editorial Board Member
皮膚の科学副編集長
日本小児皮膚科学会雑誌編集委員
Visual dermatology 編集協力者
診療・研究スタイル
診断に重きを置く。診断が間違っておれば治療がうまくいかないのは当たり前である。治療がうまくいかない、あるいは他の病院で治療されたのに治らない患者さんが来られた時には診断を徹底的に見直す。
研究ではまず手を動かす。フットワークを軽くする。臨床医として、常に将来の患者さんの治療に繋がる研究をしているかどうかを振り返る。日本国内だけではなく国際的な幅広い人脈を構築してチームのパワーで仕事をする。