大阪市立大学大学院医学研究科【神経内科学】
Dept. of Neurology, Osaka City University Graduate School of Medicine
〒545-8585 大阪市阿倍野区旭町1-4-3

入局案内

はじめに

後期臨床研修医および大学院生を募集します。
当科では医局運営の最優先事項の一つが若手神経内科医の育成となっております。後期臨床研修課程では、研修指導担当医のガイダンスのもとで、神経内科専門医を取得するまで責任を持って指導いたします。
また脳血管障害、認知症、神経免疫疾患、電気生理学、神経疾患バイオマーカー、高次脳機能障害などの神経分野を研究する大学院生を募集します。

後期臨床研修プログラム

卒後3年目から3年間、神経内科の臨床研修を行います。
最初の1年間は、大学病院の神経内科病棟にて神経内科専門医の指導のもと、受け持ち医としてトレーニングを受けます。続いて大阪市内を中心とした関連病院に出張し、幅広い実臨床の経験を積みます。その後、大学病院に戻り主治医として主体的に臨床に臨み、専門医としての道を究めていきます。
神経内科疾患を幅広く受け持ち、オールラウンドで実践的な神経内科医を目指す総合コースと、早くから脳卒中、認知症、電気生理学、頭痛など自分の専門分野を決め、臨床研究や基礎研究に従事する専門コースを選択できます。
いずれのコースも、内科認定医、神経内科専門医が取得できますが、専門コースでは、早期に脳卒中専門医、認知症専門医などの取得が可能です。

週間スケジュール

 
午前 外来/病棟業務 外来/病棟業務 外来/病棟業務 外来/病棟業務 外来/病棟業務
午後 チャートカンファレンス・回診・連絡会 病棟業務 電気生理検査実習 症例検討会 病棟業務

女性医師支援

出産休暇、育児休暇の取得を奨励しています。フレックスタイム制度を利用することも可能です。
具体的な支援については、経験のある女性医師が相談に応じます。

応募書類

医師免許証(写し)、履歴書、初期研修修了(見込み)証明書
健康診断書、推薦状、保険医登録票

大学院生募集

神経内科領域の臨床研究、基礎研究を行っています。研究テーマの代表として、

1)神経変性疾患:アルツハイマー病、パーキンソン病
・アミロイド、タウのPETイメージング
・新規認知症薬の臨床応用
・バイオマーカの開発

2)虚血性脳血管障害
・脳塞栓症モデルマウス
・微小循環障害

3)Neurovascular Unitから見た神経疾患の研究

4)末梢神経疾患、筋疾患、接合部疾患の電気生理学的研究

5)多発性硬化症などの脱髄疾患の脳磁図を用いた解析

などがあげられます。
平成30年大学院募集要項

平成30年大学院募集要項は、6月12日(月)より、大阪市立大学医学部学務課事務室において配布開始いたします。

【修士課程】
出願期間 :7月31日(月)~8月4日(金)
学力試験日:9月2日(土)

【博士課程〈第一次・留学生・10月入学〉】
出願期間 :7月31日(月)~8月4日(金)
学力試験日:8月25日(金)

大学院医学研究科、医学部医学科に関するお問い合わせは、以下の窓口へお願いします。
大阪市立大学 医学部学務課
TEL:06-6645-3611

連絡先はこちら
大阪市立大学大学院医学研究科 神経内科学
大阪市阿倍野区旭町1-4-3
mail:neurology@med.osaka-cu.ac.jpTEL:06-6645-3889FAX:06-6646-5599
2013年 臨床神経生理学会学術大会(高知)
2012年6月SFEMG/QEMG学会(トルコ、イスタンブール)
2013年世界神経学会2013(ウィーン、オーストリア)
2009年北米神経科学会inシカゴ
2010年10月 AANEM(ケベック、カナダ)
2012年国際アルツハイマー病カンファレンス in バンクーバー
納涼会