大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
腫瘍性疾患グループ
ホーム > 臨床診療グループ(腫瘍性疾患グループ)

腫瘍性疾患

皆さんは、自分が「脳腫瘍」と診断されたとき、どのように感じるでしょうか。
脳腫瘍は非常に恐ろしい病気です。自分の見えないところで徐々に腫瘍細胞が脳組織を破壊し、気づいたときには脳組織の最深部にまで腫瘍細胞が到達し、治療が困難になる場合もあります。
このような病気に見舞われたとき、その患者さまやご家族の受ける精神的負担はとても大きく、絶望にも似た気持ちになることでしょう。
私たちは、そのような疾患を持つ患者さまに最高の治療と、最大限のサポートを提供したいと考えます。全ての患者さまに大きな満足と安心を感じていただけることが、私たちの目標です。
私たちが扱う疾患は、頭蓋内腫瘍のほぼすべてを対象としています。基本的には、神経症状、画像検査(脳CT, MRIなど)および神経機能診断を基に診断を行い治療方針の決定を行います。神経症状については、腫瘍の性状、腫瘍発生部位あるいは大きさなどにより患者さまごとに異なります。ほとんど無症状で偶然発見される場合から、歩行障害などの重篤な神経症状が短期間に進行する場合まで様々です。

治療方針

最新の診断機器や手術治療支援システムを用いて、最大限の安全性と有効性を確保し、さらに患者さま自身が「安心かつ快適に」治療にのぞんでいただけるような手術治療を基本としています。腫瘍の性状、大きさあるいは発生部位により手術治療が困難な場合には、放射線治療あるいは化学療法(薬物による治療)を組み合わせて行います。私たちの施設では、病変部位だけに照射する定位放射線治療(Radiosurgery)を行うことも可能です。

  • 良性脳腫瘍は手術治療により治癒が期待できます。しかし、腫瘍発生部位、大きさあるいは患者さまの状態などにより手術難易度が異なります。
    私たちの施設では、以前より手術難易度の高い頭蓋底部発生の腫瘍性疾患を特に得意領域としており、豊富な手術症例数より蓄積された経験を有しています。
    「とにかく腫瘍を取る」手術治療から、「患者さまの神経症状、全身状態を悪化させない」手術治療に、日々の技術進歩を行っています。
  • 脳実質内発生の腫瘍に対しては、手術治療で腫瘍を可能な限り摘出あるいは部分摘出し、組織型を確定します。手術摘出度および組織型に従い、放射線治療あるいは化学療法を組み合わせて行います。

当科で取り扱っている主な脳腫瘍、および脊髄腫瘍

  • この分野で取り扱っている主な腫瘍性疾患の情報を「脳と神経のデータベース」のコーナーでまとめてありますのでぜひご覧ください。