大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
英語教育
ホーム > 教育について(英語教育)

英語教育

グローバルな脳神経外科医を育てる

国際化社会、情報化社会と言われて久しい今日、日々世界中でアップデートされている情報を活用していくには、英文を読み、理解する能力が不可欠です。
また、様々な国で最先端の医療を学ぶ人々と交流し、知識を増やし人脈を作るためにも英語によるコミュニケーション能力が必要になります。

英語力が身につくと、様々な国の文化や価値観に触れたいと思うようになります。
そして、いつしか祖国の文化や価値観への関心さえも大きくなることでしょう。
それが豊かな人間性を形成してくれることと思います。

当教室では、そのようなグローバルな情報収集力やコミュニケーション能力、豊かな人間性を持つ脳神経外科医を育成するために、英語教育にも力を入れています。

英会話講師によるレッスン

当教室に入局してきた先生方の英語力は、人によってバラバラです。
学生のころから英語は苦手だったという方。 英語のテストはできるんだけど、いざ会話となると言葉が出てこないという方。 喋っていることはデタラメなんだけど、身振り手振りで上手く伝えてしまう方...
そのような先生方にも、それぞれのペースで英語に慣れていただくために、日常会話や医療英会話を学ぶ機会を設けています。英会話講師2名に隔週で病棟まで来てもらい、1時間の英会話レッスンを行っています。

カンファレンスは英語が公用語

日常的に英語に触れていただくために、毎朝のカンファレンスなど一部のカンファレンスや抄読会の公用語を英語にしています。
慣れないうちは、何も発言できずに終わることもありますが、恐れずに自分なりの英語で話をしてみてください。
声を出し、聞いてもらうことで発音や文法などといった自分の弱点がわかるようになり、正しい話し方を聞き、真似ることで次第にきちんと伝わる話し方ができるようになります。

留学生とのコミュニケーションで自然な会話を学ぼう

留学生との日常コミュニケーションも英語上達の近道です。
当教室には世界各地から、常時複数名の留学生が在籍していますので、英語でのコミュニケーションを身近に経験することができます。