大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
診察している主な病気
ホーム > 診療について(診察している主な病気)

専門領域の紹介

  • 大阪市立大学医学部附属病院脳神経外科は、頭蓋・脊椎、脳・脊髄の腫瘍、血管障害、てんかん、奇形、外傷、変形疾患など幅広い疾患を診断、治療しています。
  • 高度先進的な診断機器を有しており、病変の診断技術、機能評価に優れています。
  • 高度な手術技術を有しており、難易度の高い手術にも良好な成績を収めています。
  • 脳腫瘍、脊椎脊髄疾患、脳虚血性疾患、難治性てんかんの症例を多く経験しており、特にこれらの疾患の診断治療に高い実績を収めています。
  • 主な対象疾患についての詳しい情報を「脳と神経のデータベース」のコーナーにまとめてありますのでぜひご覧ください。