大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
「脊椎脊髄外科」専門診療
ホーム > 診療について(「脊椎脊髄外科」専門診療)

「脊椎脊髄外科」専門診療について

 大阪市立大学脳神経外科は、1970年代より脊髄脊椎疾患の専門診療を開始し、脳神経外科領域における脊髄外科分野では日本の草分け的施設であります。現在では日本脊髄外科学会認定の教育訓練施設となり、脊髄手術の技術開発および向上に邁進しています。私達の「患者第一」の信念は設立以来変わることなく、どんな時代にあっても優れた治療成績をおさめることを最重要課題としています。

 脊髄脊椎疾患の治療においては、世界的に脳神経外科と整形外科が競り合っています。それぞれに得意・不得意分野があります。脳神経外科の最大の特徴は、「手術用顕微鏡によるマイクロ手術」です。重要な脳血管あるいは脳神経に取り囲まれた脳動脈瘤や脳腫瘍手術に用いるマイクロ手術の技術をもってすれば、脊椎脊髄疾患の手術を安全かつ高精度に行うことができます。 

専門担当医

写真 高見俊宏 プロフィールはこちら
● 准教授
● 脳神経外科専門医
● 脊髄外科指導医・認定医
● 毎週月曜日および金曜日
  (金曜日は完全予約制)
写真 内藤堅太郎 プロフィールはこちら
● 病院講師
● 脳神経外科専門医
● 脊髄外科認定医
● 毎週月曜日および金曜日

受診方法

初診受付は午前9時〜10時半で、紹介状(診療情報提供書)が原則必要です。地域医療施設での画像検査などをお持ち頂ければ、初回診療がより迅速となります。

外来受診方法の詳細
 http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/outpatient/index.shtml

地域医療機関から直接に診察予約を取ることが可能です。
地域医療連携室のご案内
http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/health_professionals/area.shtml

ご不明な点は脳神経外科外来へ電話でお問い合わせ下さい。
電話番号:06−6645−2356,2357
受付時間:午後2時〜4時

連携施設のご紹介

当科専任スタッフが、連携施設において外来診療・手術治療を行っています。
 

対象疾患

一般施設では治療困難な疾患を専門的に取り扱っています。神経モニタリング、術中画像および顕微鏡マイクロ手術を駆使して、安全・高精度かつ根治的手術を提供します。

  1. 脊髄腫瘍
    ● 髄内腫瘍−上衣腫、星細胞腫、血管芽腫、海綿状血管腫など
    ● 髄外腫瘍−神経鞘腫、髄膜腫など
    ● 硬膜外腫瘍−転移性腫瘍、悪性リンパ腫、海綿状血管腫など
    サンプル画像
    脊髄腫瘍(髄外)の手術例(術前・後)
  2. 脊髄動静脈奇形
    血管内治療を組み合わせた集学的治療を提供します。
  3. 脊髄空洞症
    大後頭孔拡大術、脊髄くも膜癒着解除術、脊髄空洞シャント術など
    ● キアリ奇形、外傷、癒着性脊髄くも膜炎など
  4. 頭蓋頸椎移行部病変
    ●頭蓋底陥入症、環軸椎亜脱臼症、奇形など
  5. 脊椎変性疾患・脊柱靱帯骨化症
    個々の患者さまの病状に合った低侵襲手術を提供します。患者さまの病状を正確に診断し、脊椎除圧、脊椎矯正あるいは脊椎固定術を選択します。

    ● 頸椎症、頚椎椎間板ヘルニア
    ● 頚椎後縦靱帯骨化症、頚椎黄色靱帯骨化症
    ● 胸椎椎間板ヘルニア
    ● 胸椎後縦靱帯骨化症
    ● 腰椎椎間板ヘルニア
    ● 腰部脊柱管狭窄症
    ● 腰椎変性すべり症・腰椎変性側彎症

    サンプル画像
    頚椎後縦靱帯の手術例(頚椎前方到達法)

    サンプル画像
    腰椎変性すべり症の手術例(腰椎後方固定術)

  6. 脊椎・脊髄外傷
    当院救命救急センターと協力しながら、最善の手術治療を提供します。
  7. 化膿性脊椎炎
    他院術後経過で発症された場合でも、積極的に治療受け入れています。