大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科学教室
論文
ホーム > 研究活動(業績) 論文2011 和文

論文

2011年 和文業績

  1. 拡散テンソルパラメーターによる脊髄障害の客観的評価
    宇田武弘、高見俊宏、坂本真一、永田 崇、露口尚弘、大畑建治
    脊髄外科 SPINAL SURGERY,25(3),295-297
  2. <特集>脊髄動静脈奇形−最新の術前・術中診断と治療法
    脊髄動静脈奇形に対する手術戦略と術中支援

    高見俊宏、大畑建治
    脊椎脊髄ジャーナル,24(4),267-277
  3. 環軸椎亜脱臼症に対する後方固定術:Goel-Harms法について
    山縣 徹、高見俊宏、大畑建治
    Journal of Spine Research,2(7),1275-1279
  4. 臨床病理カンファレンス36 脳梗塞
    露口尚弘、伊倉義弘、西尾明正、嶋田裕之、三橋豊、名嘉山哲雄、山本啓雅、杉岡憲一、川上太一郎、大畑建治、上田真喜子
    綜合臨牀,60(5),791-799
  5. 癒着性脊髄クモ膜炎に対する局所くも膜癒着解除および硬膜拡大形成術:手術適応と手技について
    山縣 徹、高見俊宏、大畑建治
    日本脊髄障害医学会雑誌,24(1),108-109
  6. 脊髄髄内腫瘍の手術:脊髄上衣腫における腫瘍境界
    高見俊宏、山縣 徹、下川宣幸、大畑建治
    日本脊髄障害医学会雑誌,24(1),144-145
  7. 自動釘打機(nail-gun)による穿通性頭部外傷の1例
    國廣誉世、韓 正訓、中村一仁
    Neurosurgical Emergency,16(2),181-184
  8. 合併経錐体到達法の適応と手術の実際について
    後藤剛夫、大畑建治
    脳神経外科ジャーナル,20(Suppl 2),186-193
  9. 錐体骨アプローチ
    (イラストレイテッド脳腫瘍外科学)
    後藤剛夫、大畑建治
    PAGE74-78
    医学書院
    2011/03/15
  10. 錐体斜台部髄膜腫
    (イラストレイテッド脳腫瘍外科学)
    後藤剛夫、大畑建治
    PAGE144-147
    医学書院
    2011/03/15
  11. U 開頭部位による整容的工夫 後頭蓋窩手術
    (NS NOW No.13 整容脳神経外科Update−きれいなキズアトを目指して)
    後藤剛夫、大畑建治
    PAGE55-62
    メジカルビュー社
    2011/02/10
  12. I.基本 脊髄血管の機能解剖
    (NS NOW No.14 脊髄外科 脳神経外科医が識っておくべきエッセンシャル)
    西尾明正
    PAGE19-26
    メジカルビュー社
    2011/05/10
  13. U.腫瘍 上衣腫
    (NS NOW No.14 脊髄外科 脳神経外科医が識っておくべきエッセンシャル)
    高見俊宏、大畑建治
    PAGE77-88
    メジカルビュー社
    2011/05/10
  14. W.腫瘍 髄膜腫−Tuberculm sellae
    (NS NOW No.15 傍鞍部病変の手術−ここの病変こそ、解剖が手術の生命線)
    後藤剛夫、大畑建治
    PAGE144-151
    メジカルビュー社
    2011/08/10
  15. 第69回総会ビデオシンポジウム発表ビデオ
    後頭蓋窩腫瘍摘出時の錐体静脈温存の工夫

    (VIDEO JOURNAL of Japan Neurosurgery)
    後藤剛夫、長久 功、石橋謙一、大畑建治
    PAGE18(1)
    株式会社メディカルリサーチセンター
    2011/10
  16. 総説ビデオ(脊椎・脊髄の外科シリーズ@)
    脊髄髄外腫瘍の手術

    (VIDEO JOURNAL of Japan Neurosurgery)
    高見俊宏、大畑建治
    PAGE18(1)
    株式会社メディカルリサーチセンター
    2011/10
  17. 第69回総会ビデオシンポジウム発表ビデオ
    傍鞍部髄膜腫摘出術における穿通枝温存のための工夫

    (VIDEO JOURNAL of Japan Neurosurgery)
    長久 功、後藤剛夫、石橋謙一、大畑建治
    PAGE18(2)
    株式会社メディカルリサーチセンター
    2011/11
  18. 新人ナースのための脳神経疾患と治療「脳腫瘍」
    後藤剛夫
    BRAIN NURSING ブレインナーシング,27(4),32-35