• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
お問い合わせ

HOME > 診断と治療

理念

神経膠腫(グリオーマ)は数十種もの分類があり、その治療方針は様々です。手術のみで寛解が見込めるケースもありますが、手術単独での根治は困難で、集学的な治療を要することもあります。神経膠腫の治療は、手術、化学療法、放射線療法で構成されます。当院での神経膠腫の治療方針は手術で最小限の侵襲かつ最大限の摘出を目指し、組織病理や遺伝子情報を用いて確実な診断を行い、化学療法、放射線療法を症例毎に適切に選択することを理念としております。

手術

手術に先立って精密な病態の評価を行います。頭部CTやMRIで腫瘍の局在、性質を判断し、メチオニンPETなどの核医学検査で腫瘍の悪性度、活動性の評価を行います。術式の選択として、顕微鏡下での開頭腫瘍摘出、内視鏡下での腫瘍摘出、定位的な検体の採取があり、術前診断にあわせて決定します。また、術前の神経学的所見、神経心理検査はもとより、機能的MRI(functional MRI)、Wada testなどを必要に応じて施行し、脳の機能的な評価も行います。腫瘍の摘出を行う上で、手術サポートシステムも充実しており、ナビゲーションシステム、神経内視鏡、術中蛍光診断、3Dシミュレーションモデル、MEP、SEPを含めた術中モニタリングシステムなどの機器を備えております。運動野や言語野への進展が疑われる腫瘍に対しては、覚醒下手術を行い、神経症状を確認しながら、腫瘍の摘出を行います。また、術中病理診断で悪性神経膠腫の所見が確認された症例では、摘出腔に脳内留置用抗悪性腫瘍剤であるギリアデル(BCNU wafer)の留置を行うこともあります。

診断

診断によって追加治療の選択は大きく異なるため、正確、精密な診断が必要となります。診断には、組織診断と遺伝子診断が必須です。現在ところ病理組織診断は当院の病理診断科で行い、遺伝子診断は「関西中枢神経腫瘍分子診断ネットワーク」に症例登録を行い、診断を行っています。解析遺伝子はMGMTメチル化、IDH1/2、TP53、TERT、H3F3A、HIST1H3Bなどです。

化学放射線療法

病理組織学的診断、遺伝子学的診断を踏まえ、必要な場合には追加の治療を行います。放射線治療には、局所分割放射線療法、全脳照射、定位放射線治療などがあります。化学療法には、テモゾロミド(テモダール)、PCV療法、ICE療法、ベバスチマブ(アバスチン)などがあり、適切な治療を症例毎に検討していきます。放射線治療科、小児科、代謝内分泌科など各科と連携して治療を行っております。

先進医療

腫瘍電場療法であるNovo TTFを導入いたしました。NovoTTFを検討されている方は担当医までご相談ください。光線力学的療法であるPDTは今後、導入予定です。その他の先進医療についてはその適応につき症例毎に相談させていただき、当該施設に紹介いたします。

最後に

『神経膠腫(グリオーマ)をとる』ということはもちろん大事ですが、『腫瘍を治す』『元気で健康的な生活が長く営めるように尽力する』ということにも力を入れています。神経膠腫(グリオーマ)の治療は集学的治療だけでなく、精神的ケアやリハビリテーション、生活支援、場合によっては緩和などの包括的なサポートを要します。関係各部門と共に患者さんの治療に携わらせていただければと存じます。