RI廃棄物の分類と容器の使い方    無機液体
   ●指定のポリびんを使用してください。
   
●高粘度の液体、可燃性液体は収納しないでください。●pH値は2以上にしてください。
   ●pH調整にはなるべく塩酸を使用しないでください。●液量はポリびんの肩口までにしてください。
戻る