• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

HOME > あべの医っちゃんねる > イベント・行事 > 医学部合格者とそのご家族を対象とした「合格祝賀会」が開催されました

イベント・行事

医学部合格者とそのご家族を対象とした「合格祝賀会」が開催されました

平成26年度 医学部長賞授与式

 平成28年3月17日(木)、医学部合格者とそのご家族を対象とした「合格祝賀会」が開催されました。
 荒川医学部長、生野医学部同窓会長、石河医学部附属病院長からの挨拶があり、その後には今年の「Student of the year」に選ばれた6年生の有江裕香さんが歓迎のことばを述べました。「長い6年間でモチベーションを保つことはとても難しいです。その中でみなさんに伝えたいことは、最低限の当たり前のことは当たり前にすること。肩の力を入れすぎず、かといって力を抜きすぎず、クラスのみんなで力を合わせて乗り切ってほしい。いいお医者さんになりたい!という強い気持ちがあれば、乗り切ることができるはずです。」と、落ち着いた、優しい口調で語りかけました。
 また、他の「Student of the year」に選ばれた岡山裕介さん、岩井栄恵さんも歓迎のことばを述べましたが、3人とも共通して言ったことは、「部活に入り様々な立場の人を関わることで、人との繋がりを大切にし、世界を広げてほしい。」でした。3人ともしっかりとした説得力のある話し方で、その熱心さから「みなさんに伝えたい」という強い思いが伝わってきました。
また、総合医学教育学の首藤教授による特別講演では、コミュニケーション力とは?という話から、「これからの6年間で、引き出しの多い、深みのある人を目指して、感性・コミュニケーション力に磨きをかけてほしい」とみなさんに伝えました。
最後には、板金同窓会理事から「マヨネーズ瓶と2杯のコーヒー」の話があり、医学部の6年間を器に例えた興味深い内容でした。
 これからの6年間の為になる素敵な話の連続で、合格者とそのご家族のみなさんは真剣に聞き入っておられ、合格祝賀会は盛況のうちに終了しました。