• サイトマップ
  • リンク
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
一般の方 本学関係者の方

医療手技の大会で、本学医学部生が「救急蘇生」の部門で1位に入賞しました

 平成29年8月20日(日)に札幌医科大学で医学生のオリンピックこと「シムリンピックさっぽろ2017」(主催:日本医学教育学会)が開催されました。
 シムリンピックとは、シミュレーション教育の理解と普及を図ることと医学生の臨床能力を客観的に評価するシステムを確立することを目的として開催されている競技会で、今年は全国から集まった10チーム(医学生3名1組)が5種目の競技(①呼吸器診療 ②救急蘇生 ③医療面接と在宅診療 ④消化器診療 ⑤多職種連携)で日ごろの臨床実習の成果を競いました。
 大阪市立大学は第1回目から連続出場しており、4回目となる今回は、いずれも医学科5年生の古川良樹さん、牟田侑記さん、西山太郎さんの3名が参加し、救急蘇生部門で1位を獲得しました。
 3名は臨床手技サークルや大学内の職員や杉本キャンパスの体育会系の学生にAEDの使い方を教えるライフサポートクラブに所属しており、スキルスシミュレーションセンターにて日々活動をしています。
 チームリーダーの古川さんは「救急蘇生部門では良い結果を残すことができ、自信を持つことができたと同時に、多くの課題も発見できました。今回の学びを活かして、今後も頑張ります。また、今回の経験を後輩にも伝えたいと思います。」と、自分達だけの学びにとどまらない貴重な経験となりました。