お問い合わせサイトマップリンクアクセス
すてーじ
ホーム > 診療について

診療について

臨床腫瘍学の診療は主に化学療法センターが中心です。治療を受ける患者の安全性確保および質の高い化学療法を提供することを目的としています。化学療法センターは外来で化学療法を行っておりますが、呼吸器内科、血液内科、乳腺内分泌外科、消化器外科、腫瘍外科等、協同で運営されております。外科や放射線治療科の医師らと呼吸器腫瘍や大腸がん等のキャンサーボードにも関わっております。病院内の化学療法レジメン検討委員会では、新規レジメンの承認、化学療法センターの円滑な運営活動や免疫チェックポイント阻害剤による有害事象の院内連携構築などを重要な役割を担っています。また、がん患者の緩和ケアにも関わり外来診療もしております。教員スタッフのほとんどが日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医資格を取得しております。様々な固形がんの診療知識を有していますが、呼吸器腫瘍を専門にしている医師が多いので診療科としては呼吸器内科に属している場合が多く、病棟は呼吸器内科医と一緒に診療しております。日本臨床腫瘍研究グループ (JCOG)、西日本がん研究機構 (WJOG)の中心施設で多くの臨床試験や企業治験を多数行っております。