• Sitemap
  • Link
  • Contact
  • Access
  • Access
  • Access
一般の方 本学関係者の方

HOME > 講座一覧 > 医療管理医学講座 > 医療安全管理学

医療安全管理学
- Medical Quality and Safety Science

基本情報

学域名 医療管理医学講座  医療安全管理学
(英語表記)Medical Quality and Safety Science
代表者 顔写真
教授

仲谷 達也
- Tatsuya Nakatani
場所 学舎 12階
連絡先 TEL:06-6645-3786
MAIL:OCUqualitysafety@gmail.com
ホームページ http://ocuqualityandsafety.jimdo.com/ link
概要 医療安全管理学講座は、平成24年に設立された新しい講座です。当講座は医療の品質管理に関する研究を行う全国的にも数少ない講座です。医療安全管理学では、医療の質と安全を向上させるための様々な活動やプロジェクトを対象に、実践的で学際的な研究・教育を行います。研究テーマは、患者安全に関すること、医療の質・安全に関する教育、Total Quality Management/質改善、医療の品質管理、病院管理などです。医療従事者はもちろんのこと心理学・社会学・人間工学等の医学以外の研究者や、法律・鉄道・航空・原子力・交通・製造業・建築・芸術等の専門家とも交流します。医療の質と安全の向上に関する研究に従事したいと考えている医師以外の病院職員に対しても、進学・研究の門戸を開いています。

教育方針

学部教育

  • 安全は医療の質の前提であることから、コアカリキュラムにおいては全学年を通じ、全教員がそれぞれの専門的立場から指導すべき基本項目として位置づけられていますが、医療安全管理学では、各科教員による安全に関する指導の基本となる患者安全についての基本的な考え方や知識(認知心理学、応用行動学、社会学、経営論、品質管理学などに基づいた内容)を学びます。また、学生実習では、実際の医療安全管理業務に参加して、多職種チームによる安全な病院組織づくりについて、体験しながら学びます。

大学院教育

  • 全学共通教育コースとして9月から2月に「医療の品質管理」を開講しています。全学の大学院生対象ですが、法人職員・病院職員も受講可能で、より実践的な授業内容を目指しています。

臨床教育(研修医の育成)

  • 附属病院医療安全管理部と協力し、研修医を含む全病院職員に対して、医療の品質管理(質と安全の向上)に関する教育を行っています。職種に応じた多様なプログラム(講義、ワークショップ、e-learning等)を開発しています。医療の質向上と安全の基本となる医療の改善活動は、病院のKAIZEN活動推進委員会と共に指導を進めています。

研究指導

  • 医学部卒業者は、博士課程に進学が可能です。医療安全管理学を副専攻として、主専攻の診療科に関するマネジメントや品質管理関連の研究を行うこともできます。 医学部以外の学部卒業者は、修士課程への進学、修士号をすでに取得している場合は博士課程への進学、あるいは大学院研究生として論文博士の取得が可能です。

研究について

当講座では、医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、事務職員など多職種の学生・研究員が在籍し、学際的で実践的な研究を行っています。また、心理学他医学以外の分野の研究者と共に、発達科学に関する書籍の翻訳も手掛けています。

・患者安全教育プログラムの開発
・インプロ(即興演劇)を応用したチームワーク・コミュニケーション・リーダーシップトレーニングの開発
・メディアアート(アニメやゲーム)を応用した医療安全教育
・医療安全教育の評価
・中堅看護師に対する「KAIZENゼミ型研修」の開発
・トヨタウェイ・TPSと「学習する組織」に関する基本理論
・施設管理と医療の質
・看護学生の医療安全教育
・静脈血栓塞栓症予防のための医療機器管理
・安全な在宅医療のための医療機器管理
・インシデントレポートの効率的な利活用に関する研究

臨床への取り組み

医療安全管理部は、各部署・診療科と協力して質の高い医療の提供に取り組んでいます。
また、医療の質・安全管理における医師のリーダーシップ育成をサポートするため、キャリアに応じて診療しながら医療の安全と質管理について実践的に学ぶ環境を整えています。

スタッフ

教授 仲谷 達也
准教授(医療安全管理部・病院教授) 山口 悦子(中上 悦子)

講座一覧

免疫制御学
生体機能解析学
遺伝子制御学
分子制御学
あべの医っちゃんねる