研究と臨床

臨床への取り組み

「ゲノム診療科」新設!

 2020年4月1日に大阪市立大学医学部附属病院1階に「ゲノム診療科」が新設されます。
 遺伝医学の進歩に伴い、病気の診断と治療に遺伝子を調べることが広く応用されています。「ゲノム医療」とは単に遺伝子診断をすることではなく、さまざまな手法を用いてゲノム(ヒト一人がもちあわせている遺伝情報のセット)から得られた情報を、診断と治療に生かしていく医療のことです。具体的には専門医による遺伝学的診断から、遺伝カウンセラーを交えての病気の詳しい説明、検査や治療を受けるかどうかの難しい判断のための情報提供など様々なご要望にできる限り対応させていただきます。当科は「病気のことをもっと知りたい」と希望されている患者さんやご家族が、このような遺伝子・ゲノムからみた身体・病気の情報、診断、予防などについて情報提供すること、今後の治療の方向性をご自身、ご家族が決めていく上で大きなヒントを得てもらうことを目的にしています。
 ゲノム診療科では、診断のための診察や相談、遺伝カウンセリングを行います。そのため、原疾患のフォローアップは原則として行いません。一定の結果が得られた段階で、紹介していただきましたクリニック、病院の主治の先生方へフィードバックさせていただきます。
 
午前 瀬戸 産科(後日開設)   腫瘍性疾患 瀬戸
午後   産科(後日開設) 遺伝性難聴 神経内科 瀬戸

紹介方法他、外来受診における注意点

  • 地域からの紹介は、月曜および金曜の瀬戸が担当します。
  • 予約は本院地域連携連絡室の所定の用紙をご利用下さい。
  • 事前に希望する診療内容・相談内容を遺伝カウンセラーからお伺いする場合がありますので、可能であれば患者さんの携帯番号等連絡先を診療申込書に記入しておいてもらえますと助かります。
  • 診療は保険診療で扱える内容ものと、そうでないもの(自費診療)のいずれかになります。
  • 自費診療での診察になる場合は、同日に他科での診療(保険診療)はできません。
  • 自費診療の場合、遺伝カウンセリング料が別途加算される場合があります。
  • 2020年4月時点で当院では新型出生前診断NIPTはまだ開始しておりません。

全国遺伝子診療部門連絡会議の市大病院代表である新宅 治夫特任教授からのメッセージ

外来診療

大阪市立大学医学部附属病院3階 小児棟・新生児科外来の1診にて、毎週火曜日(遺伝相談外来初診)と木曜日(再診のみ)に、外来診療を行っています。

遺伝子診断

詳細な問診と身体所見でできうる限り臨床診断を行った上で、それぞれの患者に則した遺伝子解析・診断を適応します。

遺伝カウンセリング

臨床における遺伝医療が他の一般診療科と異なる点は、部門内に認定遺伝カウンセラーを擁することです。認定遺伝カウンセラーは大学院の修士課程で専門的な臨床遺伝学の教育を受けた専門性の高い専門職です。遺伝診療の一画をなす遺伝カウンセラーは必須の職であり、詳細な遺伝学的情報の聴取、正確な家系図の作成を試みた上で遺伝学的疾患のリスク評価を行います。ご本人をはじめ、ご夫婦、ご両親に対する自律的意思決定プロセスにおける支援を行ないます。

地域の市民への貢献

本学は「国立大学のコピーであってはならず、実学を重んじる」という建学の精神のもと、戦前から阿倍野という町で市民に親しみやすい大学病院として育まれてきた。時代が進み、遺伝医学という最先端で複雑な医学知識においても、病に悩む市民にわかりやすく、根気よく説明し、医療を実践していきたいと考えています。医学が進めば進むほど、地域の方々に対して市大病院の果たす役割は大きなものとなり、臨床遺伝学講座も重要な一躍を担うものと考えています。

臨床への取り組み

関連リンク