診断病理・病理病態学

初期研修のみなさんへ

大阪市立大学医学部附属病院病理診断科初期研究医研修プログラム

初期研修2年目の選択科目として8か月コース、4か月コースを用意しています。
その他、事情に応じて、期間を変更することも可能です。

8か月コース

一般目標(General Instructional Objective; GIO)

将来病理診断学を専攻する医師のための研修プログラム。また、将来臨床科に進む場合でも病理学的素養を身に着けることが可能である。病理診断、細胞診、剖検診断を実際に行い、指導医にチェックを受けることにより、病理診断に必要な知識と技術を身に着ける。

各項目別行動目標(Specific Behavioral Objective, SBO)および学習方略(Learning Strategy, LS)

評価方法 研修医の到達目標(4段階)

  • A:とりわけ優れている
  • B:優れている
  • C:平均的レベルに達している
  • D:さらに努力が必要である

1. 剖検

SBO

  • 1) 臨床的な問題点を把握でき、各症例にそくして剖検の必要性を説明できる
  • 2) 病理解剖の執刀ができる
  • 3) 肉眼写真を撮ることができる
  • 4) 的確な切り出しを行うことができる
  • 5) 組織所見をとり、肉眼所見、臨床所見と関連づけることができる
  • 6) 剖検所見を基にして、臨床経過や問題点をチェックできる
  • 7) 文献検索を的確に行うことができる
  • 8) 臨床所見、剖検所見から、個々の患者の病気の全治像をとらえることができる
  • 9) 剖検診断、病理所見をまとめることができる
  • 10) CPC、あるいは、症例報告などで病理所見を発表できる

LS

期間中、少なくとも1例の剖検症例を担当し、研修期間中に指導医の指導の下に実際に剖検に参加し、肉眼所見をとり、肉眼所見をまとめたのち、各臓器の切り出し組織所見をとり、それらをまとめ、必要に応じて文献検索等を行い剖検診断書作成する。その結果をCPCで発表し、討論をおこなう

2. 手術摘出臓器病理組織検査

SBO

  • 1) 肉眼所見の取り方を学習し、実際に肉眼所見をとり記載することができる
  • 2) 頻度の高い疾患についてその肉眼所見の特徴を説明することができる
  • 3) 適切な肉眼所見をとることができる
  • 4) 各種固定法について理解し、適切な指示ができる
  • 5) 電子顕微鏡検査や凍結標本作製のために必要な採取法や処理方法を理解し、実行できる
  • 6) 目的にあった適切な切り出しができる
  • 7) 臨床的な要望を理解できる
  • 8) 病理診断および所見の記載ができる
  • 9) 臨床所見と病理所見の関連を理解することができる
  • 10) 各種特殊染色の意義について理解し、指示をすることができる
  • 11) 酵素抗体法、蛍光抗体法の意義を理解し、判定を行うことができる
  • 12) 電子顕微鏡検査、フローサイトメーター、遺伝子検査などの意義を理解し、適応を判断できる
  • 13) 症例検討会などで病理所見を発表できる
  • 14) 症例報告で病理所見をまとめることができる

指導医の下に、肉眼所見の記載、切り出し(がん場合は癌取り扱い規約に準拠して)を行う、組織標本を観察し、病理所見、病理診断をつける

3. 生検診断

SBO

  • 1) 各臓器の生検診断の意義と適応を理解できる
  • 2) 臨床的な要望を理解できる
  • 3) 病理診断および組織所見の記載ができる
  • 4) 臨床所見と病理所見との関連を理解できる
  • 5) 各種固定法について理解し、適切な指示ができる
  • 6) 電子顕微鏡検査や凍結標本作製のために必要な採取法や処理方法を理解し、実行できる
  • 7) 各種特殊染色の意義について理解し、指示をすることができる
  • 8) 電子顕微鏡検査、フローサイトメーター、遺伝子検査などの意義を理解し、適応を判断できる
  • 9) 頻度の高い疾患での形態学的特徴を説明できる
  • 10) 症例検討会などで病理所見を発表できる
  • 11) 症例報告で病理所見をまとめることができる

LS

指導医の指導の下、生検診断を経験し、実際に診断を行う

4.術中迅速診断

SBO

  • 1) 術中迅速診断の意義と適応を理解できる

LS

指導医の指導のもと、術中迅速診断を行う

5.細胞診

SBO

  • 1) 細胞診の意義と適応を理解できる
  • 2) 細胞診標本提出までの適当な処理ができる

LS

指導医とともに細胞診の診断を行う

スケジュール(予定)

月から金
手術症例の切り出し、病理組織診断、剖検(随時)
カンファレンス
13-14時 剖検症例マクロカンファレンス
17時血液疾患カンファレンス
16時~ 皮膚科カンファレンス
12-13時 脳神経外科・放射線科・病理診断科合同カンファレンス
16時~ 剖検症例報告会
17時~ EUS-FNB症例カンファレンス

大阪市立大学医学部附属病院病理診断科初期研修プログラム

4か月コース

一般目標(General Instructional Objective; GIO)

みずからの医療行為に責任をもてる優秀な一般医を目指すうえで、病理診断学の重要性を理解し、みずからの診療に役立てていく態度を身につける。また、病理診断業務をとうして、諸臓器の変化を一つの個体の変化として統一的にとらえる態度を身につける

各項目別行動目標(Specific Behavioral Objective, SBO)および学習方略(Learning Strategy, LS)

評価方法 研修医の到達目標(4段階)

  • A:とりわけ優れている
  • B:優れている
  • C:平均的レベルに達している
  • D:さらに努力が必要である

1. 剖検

SBO

  • 1. 臨床的な問題点を把握でき、各症例にそくして剖検の必要性を説明できる
  • 2. 剖検の意義とその必要性を理解する
  • 3. 剖検所見を基にして臨床経過との関連や、問題点を挙げることができる
  • 4. 鑑別診断のリストを作成し、各疾患の病態の特徴、鑑別の要点を列挙できる
  • 5. 諸臓器の変化を一人の個体の中での変化として、関連づけることができる
  • 6. 指導医の指導の下に剖検診断をすることができる
  • 7. 剖検診断の内容をCPCなどで発表できる

LS

期間中、少なくとも1例の剖検症例を担当し、研修期間中に指導医の指導の下に実際に剖検に参加し、肉眼所見をとり、肉眼所見をまとめたのち、各臓器の切り出し組織所見をとり、それらをまとめ、必要に応じて文献検索等を行い剖検診断書作成する。その結果をCPCで発表し、討論をおこなう

2. 手術摘出臓器病理組織検査

SBO

  • 1)肉眼所見の取り方を学習し、実際に肉眼所見をとり記載することができる
  • 2)頻度の高い疾患についてその肉眼所見の特徴を説明することができる
  • 3)適切な肉眼所見をとることができる
  • 4)適切な切り出しができる

LS

指導医の下に、肉眼所見の記載、切り出し(がん場合は癌取り扱い規約に準拠して)を行う、組織標本を観察し、病理所見、病理診断をつける

3. 生検診断

SBO

  • 1)各臓器の生検診断の意義と適応を理解できる
  • 2)頻度の高い疾患での形態学的特徴を説明できる

LS

指導医の指導の下、生検診断を経験し、実際に診断を行う

4. 術中迅速診断

SBO

  • 1)術中迅速診断の意義と適応を理解できる

LS

指導医の指導のもと、術中迅速診断を行う

5.細胞診

SBO

  • 1)細胞診の意義と適応を理解できる
  • 2)細胞診標本提出までの適当な処理ができる

LS

指導医とともに細胞診の診断を行う

スケジュール(予定)

月から金
手術症例の切り出し、病理組織診断、剖検(随時)
カンファレンス
13-14時 剖検症例マクロカンファレンス
17時血液疾患カンファレンス
16時~ 皮膚科カンファレンス
12-13時 脳神経外科・放射線科・病理診断科合同カンファレンス
16時~ 剖検症例報告会
17時~ EUS-FNB症例カンファレンス