ステージ
ホーム > 教育と研修 > 当教室で研究を行った先生

当教室で研究を行った先生

並川 浩己 / Hiroki Namikawa

並川先生
【 在籍 】
2015年4月〜2019年3月
当教室の大学院生第1号として入学。在学中、臨床においてはESBL産生菌、肺炎桿菌、腸球菌を中心とした菌血症の臨床研究を、基礎においては高病原性肺炎桿菌の治療に関する研究に従事しました。4年間で多くの研究論文を発表し、学会賞も複数回受賞しました。さらに2019年1月には日本感染症学会専門医を取得し、研究も臨床も輝かしい功績を残してくれました。2019年4月より総合医学教育学/総合診療センターの講師として、後輩の臨床教育・研究指導を中心に行っています。臨床感染制御学の所属から外れましたが、高病原性肺炎桿菌に関する研究は今も継続中で、さらなる研究の発展を期待しています。
【 論文 】
  1. Namikawa H, Yamada K, Fujimoto H, Oinuma K, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H. Two unusual cases of successful treatment of hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae invasive syndrome. BMC Infect Dis. 2016;16(1):680.
  2. Namikawa H, Yamada K, Fujimoto H, Oinuma KI, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H. Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by Extended-spectrum Beta-lactamase-producing Escherichia coli at a Tertiary Hospital. Intern Med. 2017;56(14):1807-1815.
  3. Namikawa H, Takemoto Y, Umeda S, Kobayashi M, Kinuhata S, Kamata N, Morimura M, Hosono M, Kakeya H, Shibata T, Shuto T. Recurrent high fever due to intestinal bacteria-associated bacteremia. Clin Infect Dis. 2017;65:1763-65.
  4. Namikawa H, Yamada K, Shibata W, Fujimoto H, Takizawa E, Niki M, Nakaie K, Nakamura Y, Oinuma KI, Niki M, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H. Clinical Characteristics and Low Susceptibility to Daptomycin in Enterococcus faecium Bacteremia. Tohoku J Exp Med. 2017; 243:211-218.
  5. Namikawa H, Takemoto Y, Shimazaki I, Makuuchi A, Kobayashi M, Kinuhata S, Yamada K, Fujimoto H, Toyoda H, Kamata N, Tochino Y, Teramoto I, Abe N, Morimura M, Kakeya H, Shuto T. A case of imported Taenia asiatica infection in Japan. Jpn J Infect Dis. 2018;71:170-171.
  6. Namikawa H, Yamada K, Yamairi K, Shibata W, Fujimoto H, Takizawa E, Niki M, Nakaie K, Oinuma K, Niki M, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H. Mortality caused by extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae bacteremia; a case control study: Alert to Enterobacteriaceae strains with high minimum inhibitory concentrations of piperacillin/tazobactam. Diagn Microbiol infect Dis. 2019, in press.
  7. Namikawa H, Yamada K, Sakiyama A, ImotoW, Yamairi K, Shibata W, Yoshii N, Niki M, Nakaie K, Oinuma K, Tsubouchi T, Niki M, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H. Clinical characteristics of bacteremia caused by hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae at a tertiary hospital. Diagn Microbiol Infect Dis, 2019, in press
【 受賞歴 】
  1. 2016年9月 第13回日本病院総合診療医学会学術総会 優秀賞
  2. 2017年9月 第15回日本病院総合診療医学会学術総会 会長賞
  3. 2017年11月 第12回日本化学療法学会西日本支部総会 基礎部門 支部長賞
  4. 2018年9月 第17回日本病院総合診療医学会学術総会 会長賞(第2位)
  5. 2018年11月 2018年度日本感染症医薬品協会 奨励賞
サイドメニューコンテンツ

ILOHA

研修医のための感染症予備校