ステージ
ホーム > 教室案内 > 教室だより 2020年

教室だより 2020年

教室だよりバックナンバー

松田常美先生、柴多 渉先生、大学院生卒業おめでとう

松田常美先生、柴多 渉先生、大学院生卒業おめでとう 松田常美先生、柴多 渉先生、大学院生卒業おめでとう
松田常美先生と柴多 渉先生が大学院を卒業しました。おめでとうございます。
今回、松田先生は「腹腔鏡下脾臓摘出術における手術成績と予防抗菌薬投与期間に関する検討」、柴多先生は「ヒトおよびマウスの血清・気管支肺胞洗浄液におけるリゾプス特異抗原の検出」の研究で医学博士を授与されました。博士号の称号はPh.D.と略します。Doctor of Philosophy という意味です。直訳では「哲学博士」ですが、高等な学問を修めたということ、ある学問に関して最高位になったとみなされるものです。その学問を今後も自分で考えて広げることができるものに与えられる称号と考えます。今後も研究マインドを忘れずに教育や臨床の現場で活躍を期待しています。

緊急院内感染対策講習会

2019年中国湖北省武漢に端を発した新型コロナウイルスは短期間で世界中に広がり、多くの感染者を出して社会問題になっています。今回は、新型コロナウイルス感染症に関する緊急の院内感染対策講習会を開催しました。まずは私から「新型コロナウイルス(COVID-19)感染症について」と題して、これまでの経緯や本ウイルス(SARS-CoV2)や疾患の特徴について概説しました。その後、病院講師の吉井直子先生より「新型コロナウイルス感染症の臨床的特徴」、講師の山田康一先生より「新型コロナウイルス感染症(COVID-19〜治療と予後〜)」について講演いただきました。まだ大阪でも患者数が限られていた時期の開催でしたが、職員の関心も高く、多くのスタッフが参加していただきました。この難局を乗り切るため、皆で頑張りましょう。

院内感染対策講習会

院内感染対策講習会 今回の院内感染対策講習会では、大阪市保健所感染症対策課の津田侑子先生に「大阪市の結核の現状と外国人結核対策」のご講演を賜りました。大阪市の結核罹患率は全国でトップです。また大阪でも新規登録結核患者のうち外国人の占める割合が増加傾向であり、問題となっています。津田先生にはその現状と外国人結核対策について解説をいただきました。院内外から多くの皆さまが参加していただき、本問題を共有することができました。津田先生、ありがとうございました。

薬剤師のための大阪Shin感染症治療研究会

標記研究会が開催されました。一般講演では、当院薬剤部の中村安孝先生が司会を務め、ファイザー株式会社の木村信之先生より「抗真菌薬のTDM:ブイフェンドのTDM計算ツールについて」の講演をいただきました。特別講演では京都薬科大学臨床薬剤疫学分野教授の村木優一先生より「AMR対策やAST活動において薬剤師がすべきこと」の講演を賜りました。長年、我が国の抗菌薬適正使用活動と薬剤師の教育に携わる村木先生の熱い思いが伝わるご講演で、参加していた多くの薬剤師を刺激したものと思います。お二人の先生、ご講演ありがとうございました。

大学院生新年会

大学院生新年会 昨年に引き続き、日本一の高さを誇る「あべのハルカス」のレストランで大学院生の新年会を開催しました。当日はフラメンコの特別演出も開催され、楽しい時間を過ごしました。2019年は研究や臨床に活躍してくれ、学会発表や論文発表に取り組くんでくれました。「今年もやるぞ〜」っと心意気を示して、記念撮影です。皆の活躍を期待しています。

第11回 Infection control forum in Southern Area of Osaka (ISAO)

標記研究会が開催されました。ショートレクチャーとして私から「インフルエンザ感染症診療のトピックス」と題して今シーズンの流行状況やウイルス株や耐性等の情報提供を行いました。その後、講演1では関西電力病院薬剤部の真継賢一先生から「感染症専門医が不在施設におけるICT・AST活動について」の講演をいただきました。感染症専門医が不在の病院は薬剤師が頼りです。その実践をお話いただきましたが、参加した地域の薬剤師にとっても大変刺激になったと思います。講演2では、当院感染制御部の中家清隆先生に「POT法を活用した院内感染対策」の講演をいただきました。他施設に先駆けて全国でも早くPOT法による解析を行っている当院の実績や感染対策への応用は参加したスタッフにとっても大変興味深かったものと拝察します。お二人の先生、ありがとうございました。
サイドメニューコンテンツ

ILOHA

研修医のための感染症予備校