ステージ
ホーム > 研究と業績 > 学会発表 2018年

学会発表 2018年

貴重な感染症例や臨床の活動は、学会報告を行っています。

学会発表バックナンバー

2018年

国際学会

  1. Hiroshi Kakeya, Koichi Yamada, Yukihiro Kaneko. ASM Microbe 2018(アトランタ/6月7日〜11日). Poster 「National trends in the Japanese distribution of Candida species causing candidemia during 2003-2016: a report by the Epidemiological Investigation Committee for Human Mycoses in Japan.」
  2. Koichi Yamada, Kazushi Yamairi, Hiroki Namikawa, Wataru Shibata, Hiroki Fujimoto, Yukihiro Kaneko, Hiroshi Kakeya :ASM microbe 2018(アトランタ/6月7日〜6月10日).Poster「The impact of interventions by an antimicrobial stewardship team on clinical and microbiological outcomes」
  3. Hiroki Namikawa, Ken-Ichi Oinuma, Arata Sakiyama, Koichi Yamada, Yukihiro Kaneko, Hiroshi Kakeya:ASM Microbe 2018 2018(アトランタ/6月7〜11日). Poster 「The Development of New Treatment Strategy for Hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae Infection with Rifampicin as a Candidate Anti-Mucoviscosity Therapeutic Agent」
  4. Kazushi Yamairi, Koichi Yamada, Wataru Shibata, Hiroki Namikawa, Hiroki Fujimoto, Hiroshi Kakeya:ASM microbe 2018(アトランタ/6月7〜11日). Poster 「The bacteremia of AmpC β-lactamase-overproducing Enterobacter spp: Clinical characteristics and susceptibility to piperacillin-tazobactam」
  5. Hiroshi Kakeya, Koichi Yamada, Yukihiro Kaneko. Anerobe 2018(ラスベガス/7月9日〜12日). Poster 「Clinical investigation of Bacteroides bacteremia in a tertiary hospital」

国内学会

  1. 掛屋 弘:第29回日本臨床微生物学会総会・学術集会(岐阜/2月9日〜11日)教育講演17「ムーコル感染症Up-to-Date」
  2. 山田康一:第29回日本臨床微生物学会総会・学術集会(岐阜/2月9日〜11日)ワークショップ1 「臨床症状から微生物検査を組み立てる〜呼吸器感染症編〜」
  3. 滝沢恵津子:第29回日本臨床微生物学会総会・学術集会(岐阜/2月9日〜11日)ポスター「Mycobacterium haemophilumによる関節炎の1症例」
  4. 仁木 誠:第29回日本臨床微生物学会総会・学術集会(岐阜/2月9日〜11日)「造血幹細胞移植後に生じたAspergillus felisによる侵襲性肺アスペルギルス症の1例」
  5. 山田康一:第33回日本環境感染学会総会・学術集会(東京/2月23日〜24日)シンポジウム 「当院のASTによる3年間の活動の有効性評価」
  6. 野々瀬由佳:第33回日本環境感染学会総会・学術集会(東京/2月23日〜24日)一般演題(口述)「MRSAアウトブレイクを経験した病棟でのベストプラクティス運用の効果」
  7. 藤田明子:第33回日本環境感染学会総会・学術集会(東京/2月23日〜24日)一般演題(口述)「ノンアルコール手指衛生剤導入による手荒れおよび手指衛生への影響」
  8. 岡田恵代:第33回日本環境感染学会総会・学術集会(東京/2月23日〜24日)一般演題(ポスター)「ベストプラクティス(以下BP)を活用した手指衛生教育の評価〜図式化した手指衛生5つのタイミングテストを用いて〜」
  9. 中家清隆:第33回日本環境感染学会総会・学術集会(東京/2月23日〜24日)一般演題(ポスター)「血液培養検査適正実施に関する取り組みと効果について」
  10. 山田康一:第5回日本医真菌学会関西支部 パネルディスカッション(大阪/3月3日)「Antifungal stewardshipとしての取り組みと効果についての検討」
  11. 山入和志、柴多 渉、並川浩己、藤本寛樹、山田康一、金子幸弘、掛屋 弘:第5回日本医真菌学会関西支部 一般演題(大阪/3月3日)「Candida inconspicua菌血症の1例」
  12. 掛屋 弘:日本感染症学会総会 第34回指導医講習会(東京/4月21日)「麻疹対策:おこった時どうするか」
  13. 山入和志、柴多 渉、藤本寛樹、山田康一、掛屋 弘、平田一人:第58回日本呼吸器学会学術講演会(大阪/4月27〜29日)「喀痰塗抹検査が陰性である肺結核の診断におけるQFT-3GとT-SPOTの有用性」
  14. 並川浩己、 河南裕介、 奥山直木、 長瀬浩海、 幕内安弥子、 福本一夫、 小林正宜、 衣畑成紀、 山田康一、 藤本寛樹、 豊田宏光、 鎌田紀子、 栩野吉弘、 竹本恭彦、 森村美奈、 掛屋弘、 首藤太一:第16回日本病院総合診療医学会学術総会(別府/3月2日〜3日)一般演題「Extended-spectrum β−lactamase産生菌菌血症による院内死亡の予測因子の検討」
  15. 掛屋 弘. 第41回日本呼吸器内視鏡学会(東京/5月24日〜25日). シンポジウム4「深在性真菌症診断における気管支内視鏡を用いた真菌抗原検査とPCRの有用性」
  16. 川口博資、中村安孝、永山勝也、掛屋 弘、溝端康光. 第21回日本臨床救急医学会総会・学術集会(名古屋/6月1日)パネルディスカッション1「救急、集中治療で押さえておきたい薬物治療のピットフォール」
  17. 掛屋 弘. 第92回日本感染症学会学術集会・第66回日本化学療法学会総会 合同学会(岡山/5月31日〜6月2日).ランチョンセミナー24「 忍び寄るアスペルギルス症の脅威 「COPDに合併するアスペルギルス症」
  18. 山田康一、 山入和志、 柴多 渉、 並川浩己、 藤本寛樹、 中家清隆、 川口博資、 岡田恵代、藤田明子、安部順子、金子幸弘、掛屋 弘. 第92回日本感染症学会学術集会・第66回日本化学療法学会総会 合同学会(岡山/5月31日〜6月2日)一般演題「Binary毒素産生株を含むCDIアウトブレイクへの対応」
  19. 山入和志、山田康一、柴多 渉、並川浩己、藤本寛樹、仁木 誠、中家清隆、岡田恵代、藤田明子、金子幸弘、掛屋 弘. 第92回日本感染症学会学術集会・第66回日本化学療法学会総会 合同学会(岡山/5月31日〜6月2日)一般演題「当院におけるAmpC型β-lactamase過剰産生Enterobacter菌血症の検討」
  20. 掛屋 弘. 日本消化器病学会近畿支部第57回教育講演会(大阪/6月17日)講演3「消化器病専門医が知っておきたい感染制御のup to date」
  21. 掛屋 弘. 第93回日本結核病学会総会(大阪/6月23日〜24日)教育講演4「慢性肺アスペルギルス症」
  22. 山入和志、柴多 渉、藤本寛樹、山田康一、中家清隆、金子幸弘、掛屋 弘. 第93回日本結核病学会(大阪/6月23日〜24日)「結核診断におけるQFT-3G検査とT-SPOT.TBの有用性」
  23. 掛屋 弘. 第63回日本透析医学会学術集会・総会(神戸/6月29日〜7月1日)ワークショップ 透析患者の感染対策の最新の話題「透析患者の肺炎、真菌症」
  24. 掛屋 弘. 第91回大阪透析研究会(大阪/9月2日)教育委員会企画セミナー「腎臓専門医が知っておきたい感染症診療と感染制御の基礎知識」
  25. 掛屋 弘. 第62回日本医真菌学会総会・学術集会 (東京/9月9日-10日)シンポジウム 各診療科における深在性真菌症の特徴と問題点「肺真菌症の特徴と問題点」
  26. 掛屋 弘. 第62回日本医真菌学会総会・学術集会 (東京/9月9日-10日)シンポジウム 菌種別の最近のトピックスと問題点「ムーコル症の最新のトピックスと今後の課題」
  27. 掛屋 弘. 第62回日本医真菌学会総会・学術集会 (東京/9月9日-10日)シンポジウム 新しいクリプトコックスガイドラインのポイント「non-HIV患者(健常人、臓器移植患者、その他の免疫不全患者など)におけるクリプトコックス診療」
  28. 山入 和志、仁木 満美子、柴多 渉、山田康一、金子幸弘、掛屋 弘. 第62回日本医真菌学会総会・学術集会 (東京/9月9日-10日)一般演題「Prophyromonas gingivalisとの共生によるCandida albicansの菌糸形成とバイオフィルム形成能の変化」
  29. 柴多 渉、仁木満美子、老沼研一、井本和紀、山入和志、並川浩己、吉井直子、山田康一、金子幸弘、掛屋 弘. 第62回日本医真菌学会総会・学術集会 (東京/9月9日-10日)ポスター「protein RSA(Rhizopus-specific antigen)の機能解析」
  30. 並川 浩己、榮山 新、山内 健、奥山 直木、幕内 安弥子、福本 一夫、衣畑 成紀、老沼 研一、山田 康一、豊田 宏光、鎌田 紀子、栩野 吉弘、竹本 恭彦、森村 美奈、金子 幸弘、掛屋 弘、首藤 太一. 第17回日本病院総合診療医学会学術総会(岐阜/9月15日〜16日) 「hypermucoviscous Klebsiella pneumoniaeによる菌血症の臨床的特徴と予測因子の解析」
  31. 掛屋 弘. 平成30年度ICD特別講習会(東京/9月24日)「麻疹対策:感染伝播の基本とワクチン効果〜麻疹のアウトブレイクと対応(大阪)」
  32. 掛屋 弘. 第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第65回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会(東京/10月10月24日〜26日)ランチョンセミナー「MRSA感染症の治療戦略〜抗MRSA薬の特徴を踏まえて〜」
  33. 掛屋 弘. 第20回国公立大学感染対策協議会(京都/10月15日-16日)当番校シンポジウム「地域連携による感染対策推進に必要な要素-医師の立場から」
  34. 掛屋 弘. 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会(鹿児島/11月16〜18日)教育セミナー「インフルエンザシーズン 2018-2019到来に備えて〜新規抗インフルエンザ薬バロキサビルの位置づけを考える〜」
  35. 山田康一、井本和紀、山入和志、柴多 渉、並川浩己、吉井直子、中家清隆、川口博資、信田佳克、岡田恵代、藤田明子、金子幸弘、掛屋 弘. 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会(鹿児島/11月16日〜11月18日)一般演題「血液培養結果報告方法の変更によるAS指標の変化」
  36. 山田康一. 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会 合同学会(鹿児島/11月16日〜11月18日)第25回 症例から学ぶ感染症セミナー 症例1「VRCZ投与中に出現した呼吸器感染症の1例」
  37. 並川浩己、榮山新、井本和紀、山入和志、柴多 渉、吉井直子、山田康一、中家清隆、老沼研一、仁木満美子、坪内泰志、金子幸弘、首藤太一、掛屋 弘. 第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会. 第66回日本化学療法学会西日本支部総会(鹿児島/11月16日〜18日)日本感染症学会中日本地方会 学術奨励賞選考セッション 臨床2「hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae による菌血症の臨床的特徴と予測因子の解析」
  38. 並川浩己、老沼研一、山入和志、柴多 渉、山田康一、藤本寛樹、仁木満美子、金子幸弘、掛屋 弘. 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会(鹿児島/11月16日〜18日)第12回日本化学療法学会西日本支部 支部長賞(基礎部門) 受賞講演「hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae 感染症に対する新たなる治療戦略の確立にむけた基礎的研究」
  39. 柴多 渉、井本和紀、山入和志、並川浩己、吉井直子、山田康一、金子幸弘、掛屋 弘. 第88回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会(鹿児島/11月16日〜18日)一般演題「急性骨髄性白血病患者における遷延する インフルエンザ A感染に対してバロキサビル マルボキシルが奏効した一例」
  40. 山入和志、井本和紀、柴多 渉、並川浩己、吉井直子、山田康一、掛屋 弘. 第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会(鹿児島/11月16日〜18日)日本感染症学会中日本地方会 学術奨励賞選考セッション 臨床2「結核性胸膜炎の診断における胸水ADA の上限カットオフ値についての検討」
  41. 井本和紀、山入和志、柴多 渉、並川浩己、吉井直子、中家清隆、山田康一、掛屋 弘. 第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会(鹿児島/11月16日-18日)学術奨励賞選考セッション「Stenotrophomonas maltophilia菌血症の後方視的検討〜出血性肺炎との関連〜」
  42. 尾崎鈴佳、仁木 誠、森田 諒、山田康一、掛屋 弘. 第61回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第66回日本化学療法学会西日本支部総会(鹿児島/11月16日-18日)一般演題「遺伝子検査にて同定した日本海裂頭条虫症の1症例」
  43. 掛屋 弘. 第31回日本外科感染症学会学術集会(大阪/11月28-29日) 教育講演「外科医が知っておくべき感染症」
  44. 松田常美、久保正二、上野昌樹、瀧藤克也、山上裕機、竹村茂一、田中肖吾、新川寛二、山田康一、掛屋 弘. 第31回日本外科感染症学会学術集会(大阪/11月28-29日)一般演題「腹腔鏡下脾臓摘出術における手術成績と予防抗菌薬投与期間に関する検討」
  45. 野々瀬由佳、青山奈緒子、石田かおり、岡田恵代、藤田明子、中家清隆、青田尚哲、江田将樹、伊藤得路、濱野玄弥、新川寛二、田中肖吾、竹村茂一、久保正二. 第31回日本外科感染症学会総会・学術集会(大阪/11月28日-29日)パネルディスカッション 外科系MRSA感染症対策の今後「消化器外科病棟におけるMRSA伝播減少に向けた取り組み〜感染管理ベストプラクティスを導入して」
  46. 中家清隆、山田康一、藤田明子、岡田恵代、柴多 渉、野々瀬由佳、信田佳克、掛屋 弘. 第31回日本外科感染症学会総会・学術集会(大阪/11月28日-29日)ポスター「血液培養検査適正実施に関する取り組みと外科領域における判定評価方法について」
  47. 岡田恵代、野々瀬由佳、藤田明子、中家清隆、山田康一、掛屋 弘. 第31回日本外科感染症学会総会・学術集会 (大阪/11月28日-29日)ワークショップ「消化器外科病棟における中心ライン関連血流感染(CLABSI)の評価」
  48. 山田康一、掛屋 弘. 第31回日本外科感染症学会総会・学術集会(大阪/11月28日-29日)パネルディスカッション1「当院でのAST活動による外科感染症診療の変化」
  49. 山田康一、掛屋 弘. 第295回ICD講習会(大阪/11月29日)「院内感染対策-MRSA感染対策を中心に-」
サイドメニューコンテンツ

ILOHA

研修医のための感染症予備校