ステージ
ホーム > 研究と業績 > 学会発表 2021年

学会発表 2021年

貴重な感染症例や臨床の活動は、学会報告を行っています。

学会発表バックナンバー

2021年

国内学会

  1. 掛屋 弘. 第13回植え込みデバイス関連冬季大会(大阪・Web開催/2月5日〜6日). パネルディスカッション-COVID-19時代のデバイス診療―ウイズコロナ対策でどのようにデバイス診療が変わったか、どうかわるべきか. 「新型コロナウイルス感染症の基本とUp-To-Date」
  2. 井本和紀、山田康一、桑原 学、山入和志、柴多 渉、大島一浩、中家清隆、金子幸弘、掛屋 弘. 第55回緑膿菌感染症研究会(Web開催/2月19日)一般演題「Stenotrophomonas maltophilia市中/院内/人工呼吸器関連肺炎のリスク因子の検討」
サイドメニューコンテンツ

ILOHA

研修医のための感染症予備校