診療分野(腎臓内科)

 当科は、腎炎・ネフローゼから、電解質異常、保存期腎不全・末期腎不全に至るまで幅広く診療を行っております。
 モニター画面を通じた病理組織カンファも行い、若手からベテランまで忌憚なく意見を言い合えるディスカッションを行っております。
 さらに、生活習慣病・糖尿病センター、骨リウマチ内分泌内科が併設されており、近年増加傾向にある糖尿病性腎症の管理を中心に様々な角度からの診療・全身管理を行う事ができます。

対象疾患

 近年、「慢性腎臓病」についての定義がなされ、早期発見、早期治療の必要性が強調されております。検尿異常から末期腎不全を診療しています。
 活動性腎炎が疑われる際には腎生検を施行します。光学顕微鏡、蛍光抗体法の所見のみならず、電子顕微鏡診断も腎臓内科で行い、確定診断から治療方針を決定まで、腎臓内科で行います(腎生検実績をご参照下さい)。
 日本人に多いといわれているIgA腎症が疑われる際には検尿異常のみであっても、腎生検による確定診断を行い、活動性のある症例に対しては近年有効性が報告されている扁桃摘出術(耳鼻咽喉科と連携)、ステロイド療法を行っております。
 ネフローゼ症候群の治療は専門性がもっとも高く、当科でも積極的に診療を行っております。ステロイドや免疫抑制剤、症例によっては血漿交換、LDLアフェレーシスなどの特殊血液浄化療法を併用し、寛解を目指します。
 保存期腎不全に対しては、末期腎不全への進行を防ぐために、食事療法、生活習慣の改善、薬物療法などの集学的治療を行っており、教育入院についても積極的に対応しています。
 急性腎不全も当科の得意分野です。病状に応じて人工腎部のもとで血液浄化を行い、原疾患の診断、治療を行います。

腎生検実績

 この数年は、腎生検の症例が年間100例を超えており、腎臓内科として知っておかなければならない症例から、希少疾患まで、様々な症例を経験することができます。
 腎臓学会や透析学会などでも症例報告を積極的に行っております。
腎生検症例内訳
年間腎生検数

カンファレンスについて

月曜日:合同カンファレンス

 糖尿病グループ、骨リウマチ内分泌グループとの合同カンファレンスです。
 それぞれのグループでoverlapする疾患や病態も多く、それぞれの専門領域からのディスカッションを行うことで、幅広い観点からの診療を行うことが可能になり、内科医としてのskill upや認定医・専門医などの資格取得に繋げる事ができます。

木曜日:腎臓グループカンファレンス

 光学顕微鏡による腎生検組織を全症例チェックし、グループ内で診断、治療についてディスカッションします。若手や研修医も気軽に忌憚のない意見を言い合えるカンファレンスです。
 また病理組織を拡大モニターに描写しながらのディスカッションすることで、組織に関する疑問点をその場でわかりやすく解説することができるため、病理組織にたいする苦手意識を克服し、腎臓内科医として自信を持てるようになります。
カンファレンスの様子

専門医取得まで

 当初は腎疾患だけではなく、生活習慣病、糖尿病センター、および骨リウマチ内分泌内科の疾患を担当していただきます。その為、内科医としての幅広い能力を習得でき、内科認定医・専門医の取得の為の必要な症例から腎臓専門医および透析専門医に必要な症例まで、幅広く経験することができます。
 また、将来的に基礎研究や留学も積極的に推進しており、多数の先輩方が海外留学を経験しております。
 また、透析病院を中心に、関連病院も多く、大学病院で学んだことを生かすために関連病院での勤務を希望される方は相談の上で決めさせていただきます。

週間スケジュール(一例)

 以下は、当科に籍を置く研修医の一週間のスケジュールの例です。
研修医の週間スケジュール