HOME > 臨床研修プログラム > 内分泌・骨・リウマチ内科

診療分野(内分泌・骨・リウマチ内科)

内分泌代謝関連の対象疾患(詳細)

視床下部・下垂体疾患

  • プロラクチノーマ、ラトケ囊胞、Empty Sella症候群、Sheehan症候群、汎下垂体機能低下症、自己免疫性下垂体炎、ACTH単独欠損症、SIADH、尿崩症、クッシング病、先端巨大症など

甲状腺・副甲状腺疾患

  • バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、甲状腺クリーゼ、甲状腺腺腫、腺腫様甲状腺腫、甲状腺癌、バセドウ眼症、薬剤性無顆粒球症、原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺癌、二次性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症など

副腎疾患

  • クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎非機能性腺腫、副腎悪性リンパ腫、原発性副腎機能低下症, AIMAH, PPNADなど

多発性内分泌腫瘍症候群

  • MEN1型、MEN2A型など

電解質異常

  • Gitelman症候群、Barter症候群、SIADHなど

代謝疾患

  • 高尿酸血症(痛風疾患)など

糖代謝異常

  • インスリノーマなど
内分泌・骨・リウマチ内科の臨床研修プログラムのページに戻る