HOME > 教室のご案内 > 教授あいさつ

教授あいさつ

大阪市立大学大学院医学研究科
代謝内分泌病態内科学(第二内科)教授
稲葉雅章
稲葉教授フォト 私どもの前身であります大阪市立医科大学において第二内科講座が1950年に石井潔初代教授によって開講されてから、はや60年が過ぎました。この間、第二内科講座から巣立った医師は、私達大学病院で診療している医師をはじめ、種々の医療施設で地域医療に貢献している医師を含めて300名を優に越えています。この間、糖尿病の専門家として著名であった第二代和田正久教授、骨・カルシウム代謝や関連疾患での世界的権威であった第三代森井浩世教授、代謝内分泌・腎臓内科分野全般でご活躍され、大阪市立大学理事長兼学長としてご活躍された第四代西澤良記教授に引き継がれて発展してきました。
 教室の発足当時、当教室は消化管・肝臓、内分泌・代謝部門の診療を担当していましたが、第二内科から第三内科が分かれるとともに、その臨床分野は内分泌科、代謝内科、神経内科、血液内科、腎臓内科となり、最終的に神経内科、血液内科が第二内科から専門科として独立したことにより、現在

◦生活習慣病・糖尿病センター(糖尿病をはじめとする代謝疾患)
◦内分泌・骨・リウマチ内科(内分泌疾患、関節リウマチ)
◦腎臓内科(腎炎、保存期腎不全、透析)

の3診療科を大阪市立大学医学部附属大学病院で受け持っています。三診療科とも多彩な合併症を有する重要疾患である糖尿病、肥満症、高血圧症、脂質異常症、甲状腺疾患を含む内分泌疾患、骨粗鬆症をはじめとする代謝性骨疾患、関節リウマチ、腎炎・慢性腎不全、を対象疾患として日常診療に注力しています。また、大阪市立大学医学部内科学第二講座(第二内科)は1999年の大学院再編に伴い、大阪市立大学大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学と腎臓病態内科学とに別れた形で現在に至っています。
 
 当教室の主たる方針としては、まず内科学全般の研鑽に励み、内科学会認定内科医資格に加えて、内科学会認定総合内科専門医資格を得られるような研修を行った後に、さらに、代謝・内分泌学、糖尿病学、腎臓内科学、リウマチ学の専門科としての研鑽を積むことで、幅広い内科学全般の診療・研究の視点を有したうえで、各分野の専門家として活躍できるような教育ができるよう日々努力しています。 当教室では、生活習慣病・糖尿病センター、内分泌・骨・リウマチ内科、腎臓内科の 3診療科がひとつになって患者カンファレンスなども合同して行い、それぞれの診療科からの観点から意見を言い合えるような関係を築いており、互いに診療・研究面で協力し合えるという特徴を持ちます。このことによって、どの診療科の医師でも同じ教室の他の診療科の疾患も一通り診療可能な知識がつき、希望者に対しては他診療科の専門医資格の取得も可能となります。これら教育システムによって臓器別診療のみを診るのではなく、まず一人の患者さんの診療が複数の観点からより完全なものになるよう、統合した診療ができる医師を育成することを目標としております。
 また、診療面で患者さんの訴えを傾聴し、病気の成り立ちをわかり易く説明できるようになることを目標とします。これにより患者さんが治療法の選択や限界などについてよく理解され、相互理解した上でのより適切な治療法の推進が行えるよう、医師・患者間の人間関係を良好に保てることができるような“患者さんに分かりやすい全人的な医療”を進めていきたいと考えます。更に、大学病院として新薬開発のための治験の推進、先進医療の開発、地域医療機関との病診連携の確立など地域医療への貢献に努力致して参ります。慢性疾患の診療が中心となることもあり、女性医師の入局数が多いという特徴もありますので、女性医師が一生仕事を継続できるような配慮に注力していることもあり、ほとんどの女性医師が仕事を中断することなく社会的活動を継続できている点も強調しておきます。
 また、“地域社会に還元できる優れた医師”、“将来の治療に役立つ研究のできる科学者”の育成を目標として、スタッフ一同が協力して活動しています。
 多くの先輩諸先生の汗で築かれたこの半世紀以上の歴史を基礎として、さらに進んだ診療・研究の邁進とともに、日常診療に役立つ内科医の育成の場を提供できるよう努力していく所存です。内科医として患者さんとよくコミュニケーションがとれ、質の高いレベルでの診療がしたいと感じている先生方、また、日々臨床の場から得られた疑問に答える形での臨床的研究を志しておられる先生方の入局を歓迎します。さらに、これら日常臨床に根ざした基礎研究の推進や海外での留学研究を志している諸氏の入局・問い合わせを歓迎いたします。