HOME

HOME > 教室のご案内 > 医局だより > 第38回日本骨形態計測学会

医局だより

2018年度

第38回日本骨形態計測学会

 2018年6月21日から6月23日の期間において大阪国際交流センターにて、第38回日本骨形態計測学会を主催いたしました(会長:稲葉雅章)。本会のメインテーマは「骨形態計測に基づく骨治療の重要性を再考する」として、骨粗鬆症診療において骨形態計測データを念頭に入れて治療を行うかに焦点を当て、骨形態計測の基礎から最新の研究まで情報を得られる様にプログラムを企画いたしました。

 本会では、医科歯科における臨床・基礎系の先生だけでなく、工学部、薬学部等の様々な分野において骨形態計測に関わる先生方に多数御参加いただき、各専門分野における新たな知見についての発表や活発な討論をしていただきました。会期前に予期せぬ地震に見舞われ、御心配おかけしましたのにも関わらず、おかげさまで盛会のうちに閉会することができました。昨年と同様に多数の御参加いただきまして、参加者の方には心より感謝と御礼を申し上げます。

第38回日本骨形態計測学会 第38回日本骨形態計測学会
第38回日本骨形態計測学会 第38回日本骨形態計測学会
第38回日本骨形態計測学会 第38回日本骨形態計測学会