HOME > 教室のご案内 > スタッフ紹介 > 個人のプロフィール

Profile

准教授,医局長 絵本正憲(えもと まさのり)

学歴・職歴・留学歴など

写真

1987年 大阪市立大学医学部 卒業
     大阪市立大学医学部第二内科 入局
1989年 蒼龍会井上病院内科 医員
1994年 大阪市立大学大学院医学研究科内科系修了(医学博士)
1995年 大阪市立大学医学部第二内科 助手
2001年 大阪市立大学医学部第二内科 講師
2011年~大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 准教授(現職)

専攻分野と現在の研究課題

専攻分野:糖尿病学、代謝学、腎臓病学
研究課題:インスリン抵抗性と血糖管理(人工膵臓・CGM)、非侵襲的診断法による動脈硬化症、糖尿病性腎症および腎不全に関する臨床研究

業績(代表的な論文・著書)

●Linagliptin monotherapy compared with voglibose monotherapy in patients with type 2 diabetes undergoing hemodialysis: a 12-week randomized trial. BMJ Open Diabetes Res Care 2016;4:e000265.
●Leptin is associated with vascular endothelial function in overweight patients with type 2 diabetes.Cardiovasc Diabetol 2014;13:10.
●Impact of glycemic control on survival of diabetic patients on chronic regular hemodialysis: a 7-year observational study.Diabetes Care 2006;29:1496-1500.
●Effect of aerobic exercise on plasma adiponectin levels and insulin resistance in type 2 diabetes.Diabetes Care 2004;27:1756-1758.
●Impact of insulin resistance and nephropathy on homocysteine in type 2 diabetes. Diabetes Care 2001;24:533-538.
●Glycemic control is a predictor of survival for diabetic patients on hemodialysis. Diabetes Care 2001;24:909-913.
●Homeostasis model assessment as a clinical index of insulin resistance in type 2 diabetic patients treated with sulfonylureas.Diabetes Care 1999;22:818-822.
●Stiffness indexes beta of the common carotid and femoral arteries are associated with insulin resistance in NIDDM.Diabetes Care 1998;21:1178-1182.

学会活動・社会活動

日本内科学会:認定内科医・総合内科専門医・近畿支部評議員
日本糖尿病学会:認定専門医・研修指導医・学術評議員・近畿支部幹事
日本肥満学会:肥満症専門医・指導医・評議員
日本透析医学会:専門医・研修指導医
日本腎臓学会:専門医
日本動脈硬化学会:評議員・ 腎動脈・末梢動脈硬化部会委員

特記事項(受賞など)

1999年度~2000年度、文部省科学研究 奨励研究(A)研究代表
2004年度~2006年度、文部省科学研究 基盤研究(C)研究代表
2008年度~2010年度、文部省科学研究 基盤研究(C)研究代表
2015年度 日本医療研究開発機構(AMED)医工連携事業化推進事業 研究副代表

ひとことコメント

一流のscientific physician with humanityをめざして、ともに学び、仕事し、時に遊びませんか!志ある若手ドクターをお待ちしています。