HOME > 教室のご案内 > スタッフ紹介 > 個人のプロフィール

Profile

講師 藏城雅文(くらじょう まさふみ)

学歴・職歴・留学歴など

写真

2003年 大阪市立大学医学部医学科 卒業
2003年 大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 入局
2010年 兵庫医科大学内分泌・代謝科 助教
2011年 兵庫医科大学内分泌・代謝科 学内講師
2012年 兵庫医科大学内分泌・代謝科 講師
2013年 兵庫医科大学糖尿病・内分泌・代謝科 講師
2016年~大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 講師(現職)

専攻分野と現在の研究課題

専攻分野:内分泌代謝疾患(高尿酸血症・痛風含む)
研究課題:内分泌代謝疾患におけるサルコペニア・フレイル発症機構の解明

業績(代表的な論文・著書)

●Plasma leptin concentration is associated with fatigue severity in patients with cardiovascular risk factors - HSCAA study. Psychoneuroendocrinology. 2016 Aug 16;74:7-12.
●Plasma leptin level is associated with cardiac autonomic dysfunction in patients with type 2 diabetes: HSCAA study. Cardiovasc Diabetol. 2015 Sep 4;14:117.
●Relationship between serum allantoin and urate in healthy subjects and effects of benzbromarone in gout patients. Int J Clin Pharmacol Ther. 2012 Apr;50(4):265-71.
●Reduction of whole PTH/intact PTH ratio as a predictor of bone metabolism in cinacalcet treatment of hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism. Osteoporos Int. 2011 Mar;22(3):923-30.
●Association of increased active PTH(1-84) fraction with decreased GFR and serum Ca in predialysis CRF patients: modulation by serum 25-OH-D. Osteoporos Int. 2008 May;19(5):709-16.

学会活動・社会活動

日本内科学会:認定内科医・近畿支部評議員
日本内分泌学会内分泌代謝科:専門医・指導医・評議員
日本痛風・核酸代謝学会:認定痛風医・評議員

ひとことコメント

内分泌代謝疾患における臨床研究に取り組んでいます。内分泌一般臨床・研究に興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせ下さい。