HOME

HOME > 教室のご案内 > スタッフ紹介 > 個人のプロフィール

Profile

講師 仲谷慎也(なかたに しんや)

学歴・職歴・留学歴など

写真

2006年 和歌山県立医科大学 卒業
2006年 大阪市立大学医学部附属病院 初期臨床研修医
2008年 大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 入局
2012年 大阪市立大学大学院医学研究科内科系修了(医学博士)
2012年 大阪市立大学医学部附属病院 後期研究医
2013年 ワシントン大学 腎臓内科 Visiting Scientist
2015年 石切生喜病院 腎臓内科 医員
2016年 大阪市立大学医学部附属病院 病院講師
2017年~大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 講師(現職)

専攻分野と現在の研究課題

専攻分野:腎炎・ネフローゼ症候群、保存期腎不全(CKD-MBD)、ADPKD
研究課題:fetuin-Aの代謝/慢性腎臓病における役割、腎炎・ネフローゼ症候群におけるバイオマーカーの検討、鉄代謝と酸化ストレス、CKDにおけるXOR

業績(代表的な論文・著書)

●Urinary Iron Excretion is Associated with Urinary Full-Length Megalin and Renal Oxidative Stress in Chronic Kidney Disease. Kidney Blood Press Res. 2018 22;43(2):458-470
●実臨床に即した腎炎・ネフローゼ症候群診療の入門書-これから腎臓臨床を行うひとのために- 2018年3月20日初版発行
●Fibroblast Growth Factor-23 and Vitamin D Metabolism in Subjects with eGFR ≥60 ml/min/1.73 m². Nephron Clin Pract.2015;130(2):119-26.
●Poor glycemic control and decreased renal function are associated with increased intrarenal RAS activity in Type 2 diabetes mellitus. Diabetes Res Clin Pract. 2014;105(1):40-6.
●Nephronectin expression in glomeruli of renal biopsy specimens from various kidney diseases: nephronectin is expressed in the mesangial matrix expansion of diabetic nephropathy. Nephron Clin Pract.2012;122(3-4):114-21.
●Proteome analysis of laser microdissected glomeruli from formalin-fixed paraffin-embedded kidneys of autopsies of diabetic patients: nephronectin is associated with the development of diabetic glomerulosclerosis. Nephrol Dial Transplant. 2012;27(5):1889-97.

学会活動・社会活動

日本内科学会:認定内科医、総合内科専門医
日本腎臓学会:腎臓専門医、指導医、評議員
日本透析医学会:透析専門医

特記事項(受賞など)

2011年:ERA-EDTA Travel Grant Award
2012年:日本腎臓学会 優秀演題賞
2013年:日本腎臓学会 優秀演題賞、ERA-EDTA Travel Grant Award
2016年:日本腎臓学会 優秀演題賞、ERA-EDTA Travel Grant Award

ひとことコメント

当科では年間約100例の腎生検を施行し、自分達で病理診断し、治療に取り組んでおります。まだまだ分からないことが多い腎臓病分野ですが、共に勉強し、診療していきませんか?腎臓病学に興味のある先生方の連絡をお待ちしております。