HOME

HOME > 教室のご案内 > スタッフ紹介 > 個人のプロフィール

Profile

講師 越智章展(おち あきのぶ)

学歴・職歴・留学歴など

写真

2006年 徳島大学医学部医学科 卒業
2006年 徳島県立中央病院 初期臨床研修医
2008年 大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 入局
2013年 大阪市立大学大学院医学研究科内科系修了(医学博士)
2013年 宝持会池田病院 内科
2015年 Yale大学 病理学 Visiting Research Scientist
2017年 Yale大学 病理学 Postdoctoral Fellow
2018年 Yale大学 病理学 Postdoctoral Associate
2018年 大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学
2018年 講師(現職)

専攻分野と現在の研究課題

専攻分野:糖尿病、糖尿病性腎症、腎臓病学、透析医学
研究課題:糖尿病性腎症の進展に関わる因子の研究、慢性腎不全患者の病態に影響を与える因子の研究

業績(代表的な論文・著書)

●MIF-2/D-DT enhances proximal tubular cell regeneration through SLPI- and ATF4-dependent mechanisms. Am J Physiol Renal Physiol. 2017;313(3): F767-F780.
●Indoxyl sulfate suppresses hepatic fetuin-A expression via the aryl hydrocarbon receptor in HepG2 cells. Nephrol Dial Transplant. 2015;30(10):1683-92
●Direct inhibitory effects of pioglitazone on hepatic fetuin-A expression. PLos One. 2014;9(2): e88704
●Hair magnesium, but not serum magnesium, is associated with left ventricular wall thickness in hemodialysis patients. Circ J. 2013;77(12):3029-36
●Elemental concentrations in scalp hair, nutritional status and health-related quality of life in hemodialysis patients. Ther Apher Dial. 2012; 16(2):127-33.
●Trace elements in the hair of hemodialysis patients. Biol Trace Elem Res. 2011;143(2):825-34.

学会活動・社会活動

日本内科学会:認定内科医・指導医
日本腎臓学会:腎臓専門医
日本透析医学会:透析専門医
日本糖尿病学会、アメリカ糖尿病学会、日本医師会認定産業医

特記事項(受賞など)

2017年 上原記念生命科学財団リサーチフェロー

ひとことコメント

糖尿病および腎臓病を楽しく研究しています。分野にとらわれず幅広く学ぶことができる環境です。興味のある方、一緒に臨床・研究やりませんか? 話を聞いてみたいというだけの方でも大歓迎です。ご連絡お待ちしています。