HOME > 教室のご案内 > スタッフ紹介 > 個人のプロフィール

Profile

講師 塩井淳(しおい あつし)

学歴・職歴・留学歴など

写真

1986年 大阪市立大学医学部 卒業
1990年 大阪市立大学大学院医学研究科病理系修了(医学博士)
1990-1992年 ワシントン大学医学部病理学 リサーチフェロー
1992年 大阪市立大学医学部附属病院 研究医(第二内科)
1993年 大阪市立大学医学部第二内科 助手
1998年 大阪市立大学大学院医学研究科老年血管病態学
2016年~大阪市立大学大学院医学研究科血管病態制御学 講師(現職)

専攻分野と現在の研究課題

専攻分野:血管病態制御学(動脈硬化、動脈石灰化、血管老化)、代謝内分泌学、腎臓病学
研究課題:血管石灰化機序の解明と治療法の開発、骨・血管相関に関わる因子の同定、脂肪組織の褐色化とサルコペニア、慢性腎臓病の進展機序の解明と合併症の解析

業績(代表的な論文・著書)

●Oncostatin M promotes osteoblastic differentiation of human vascular smooth muscle cells through JAK3-STAT3 pathway. J Cell Biochem 116:1325-1333, 2015.
●Serum osteoprotegerin levels are associated with the presence and severity of coronary artery disease. Circulation 106:1192-1194, 2002.
●Induction of bone type alkaline phosphatase in human vascular smooth muscle cells: roles of tumor necrosis factor-alpha and oncostatin M derived from macrophages. Circ Res 91:9-16, 2002.
●Phosphate regulation of vascular smooth muscle cell calcification. Circ Res 87:e10-e17, 2000.
●1,25-Dihydroxyvitamin D3 increases in vitro vascular calcification by modulating secretion of endogenous parathyroid hormone-related peptide. Circulaton 98:1302-1306, 1998.
●Beta-glycerophosphate accelerates calcification in cultured bovine vascular smooth muscle cells. Arterioscler Thromb Vasc Biol 15:2003-2009, 1995.

学会活動・社会活動

日本内科学:認定内科医・近畿支部評議員
日本老年医学会:指導医・近畿地方支部代議員
日本動脈硬化学会:評議員

特記事項(受賞など)

平成8年度科学研究費補助金、奨励研究(A) (08770824)
平成9年、10年度科学研究費補助金、奨励研究(A) (09770793)
平成12年、13年度科学研究費補助金、基盤研究(C) (12671121)
平成14年〜16年度科学研究費補助金、基盤研究(C) (14571107)
平成17年〜19年度科学研究費補助金、基盤研究(C) (17590838)
平成20年〜22年度科学研究費補助金、基盤研究(C) (20591082)
平成25年〜27年度科学研究費補助金、基盤研究(C) (25461376)
平成10年度大阪市立大学医学振興協会医学研究奨励助成:特別奨励研究

ひとことコメント

基礎研究を中心に血管病態の解明特に血管石灰化の治療法の開発に取り組んでいます。