HOME > 教室のご案内 > スタッフ紹介 > 個人のプロフィール

Profile

講師 津田昌宏(つだ あきひろ)

学歴・職歴・留学歴など

写真

2005年 福岡大学 卒業
2005年 大阪市立大学医学部附属病院 初期臨床研修医
2007年 大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 入局・大阪市立大学医学部附属病院 前期研究医
2009年 景学会南大阪病院内科 医員 2014年 大阪市立大学大学院医学研究科内科系修了(博士課程)
2014年 泉大津市立病院 内科医長
2015年 大阪市立大学医学部附属病院 病院講師
2016年~大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学 講師(現職)

専攻分野と現在の研究課題

専攻分野:糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症
研究課題:腎血行動態

業績(代表的な論文・著書)

●Comparison of the Estimated Glomerular Filtration Rate (eGFR) in Diabetic Patients, Non-Diabetic Patients and Living Kidney Donors. Kidney Blood Press Res. 2016 41(1):40-7.
●Relationship between serum TSH Relationship between serum uric acid levels and intrarenal hemodynamic parameters. Kidney Blood Press Res. 2015 40(3):315-22.
●levels and intrarenal hemodynamic parameters in euthyroid subjects. Eur J Endocrinol. 2013 169(1):45-50.
●Significant association of poor glycemic control with increased resistance in efferent arterioles--study of inulin and para-aminohippuric acid clearance in humans. Diabetes Res Clin Pract. 2014 104(2):234-40.
●Poor glycemic control is a major factor in the overestimation of glomerular filtration rate in diabetic patients. Diabetes care 2014 37(3):596-603.

学会活動・社会活動

日本内科学会:認定内科医・指導医
日本腎臓学会:腎臓専門医
日本高血圧学会、日本糖尿病学会、日本核酸痛風代謝学会、日本透析医学会、日本睡眠学会

特記事項(受賞など)

平成25年度大阪市立大学医学研究科長賞 優秀賞
平成28年度アジア太平洋腎臓病学会YIA

ひとことコメント

臨床に研究に、また留学から開業までいろんな可能性を導き出せる教室ですので、一緒に楽しく頑張れる先生、お待ちしています。