ABOUT US
教室のご案内

講師 山田 真介

山田 真介

講師

山田 真介 やまだ しんすけ

専攻分野と現在の研究課題

専攻分野 リウマチ性疾患など
研究課題 慢性疾患と睡眠障害の関連性について

学歴・職歴・留学歴など

1999年 香川大学医学部医学科 卒業
1999年 大阪市立大学医学部第二内科 入局
2000年 行岡病院、井上病院 内科 医員
2006年 大阪市立大学大学院医学研究科内科系修了(医学博士)
2006年 大阪市立大学医学部附属病院 後期研究医
2011年 大阪市立大学医学部附属病院 病院講師
2013年 大阪市立大学大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学 講師
2021年 大阪市立大学大学院医学研究科 膠原病・リウマチ内科 准教授
大阪市立大学大学院医学研究科 骨・内分泌内科 准教授(兼任)
2022年4月 大阪公立大学大学院医学研究科 膠原病・リウマチ内科 准教授(現職)
大阪公立大学大学院医学研究科 骨・内分泌内科 准教授(現職)(兼任)

業績(代表的な論文・著書)

  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with calcaneus quantitative ultrasound in male hemodialysis patient with type 2 diabetes mellitus. Metabolism 59(3):390-4,2009.
  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with peripheral vascular calcification in hemodialysis patient with type 2 diabetes. Life Sci 83(13-14):516-9,2008.
  • Utility of serum tartrate-resistant acids phosphates (TRACP5b) as a bone resorption marker in patients with chronic kidney diseae: independence from renal dysfunction. Clin Endocrinol 69(2):189-96,2008.
  • Associations between physical activity, peripheral atherosclerosis and bone status in healthy Japanese women. Atherosclerosis 188(1):196-202, 2006.
  • Association of nocturnal hypertension with disease activity in rheumatoid arthritis. Am J Hypertens 29(3):340-7,2015.
  • Significance of intima-media thickness in femoral artery in the determination of calcaneus osteo-sono index but not of lumbar spine bone mass in healthy Japanese people. Osteoporos Int 16(1):64-70,2005.

学会活動・社会活動

日本内科学会 認定内科医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症学会認定医
日本骨形態計測学会、日本睡眠学会、日本透析医学会、日本糖尿病学会

特記事項(受賞など)

平成17年度日本骨粗鬆症学会学術奨励賞

ひとことコメント

様々な疾患を対象としているので、専門分野に限らず、幅広い内科疾患を経験できる環境だと思います。