HOME > 大学院プログラム > 大学進学をご検討の方へ

大学院進学をご検討の方へ

当教室の大学院教育について

 当教室では大学院博士課程において、基礎医学および臨床医学で高度な専門技術と研究能力を兼ね備えた人材を養成し、当該領域において指導的な役割を担っていく人材を育成することを理念としています。

大学院(博士課程)の概要

 本代謝内分泌病態内科学の大学院への進学は、卒後2年間の法に基づく臨床研修を終了後に、通常は当教室もしくは関連施設で1~2年の前期臨床研修を行い卒後3年目以降に大学院医学研究科博士課程へと進みます。
 大学院は臨床医学コース、もしくは関連する基礎医学コースで、標準履修期間4年内に英語論文1編以上を提出し学位審査を経て修了卒業となります。当教室からは各学年最大で5~6名が進学しています。
大学院の進学

研究テーマ

 大学院生は4年間、各グループ内での研究に従事し、研究テーマは自身が興味を持ち研究グループのこれまでの研究の流れの中で合議して決定しています。
 研究テーマの多くは臨床疾患の病因解明やその治療法に関することであり、研究テーマにつき基礎面からと臨床面からの合同プロジェクトとなっています。
 基礎の大学院を卒業した人については、指導教室と相談の上で代謝内分泌病態内科学に復帰することになり、一時離れていた臨床医学を再開できます。
研究の様子

海外への留学について

 大学院修了者でさらに希望があれば海外留学を考慮することもできます(2~4名程度が常に海外留学中)。
 当科ではアメリカをはじめとする海外留学で研究を研鑽することを積極的に勧めており、助教以上の大半のスタッフと後期研究医の一部は海外留学経験者です。さらに臨床研鑽のための国内留学を選択する医局員もあり、医局として国内留学先を紹介し援助しています。
留学先での記念写真
留学先での記念写真

大学院生活のライフバックアップ環境について

 大学院在学期間でも、関連病院での臨床研修により、研究しながらも生活に支障のない程度の医師としての勤務収入があり生活面をサポートしています。女性医師は、この時期が結婚出産と重なることも少なくないですが、女性医師のライフプランにも十分配慮しておりますので、多くの女性医師が出産子育てと並行しながら学位を取得されています。