HOME
サイトマップ

HOME > 研究業績 > 研究について

研究について

 私たちは、さまざまな疾患の基盤となる代謝異常~インスリン抵抗性、糖・脂質・尿酸代謝異常、カルシウム・骨代謝異常~をテーマとして、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、腎臓病・血管障害(動脈硬化症)の病態解明と治療をめざして、臨床研究および関連の基礎研究を精力的におこなっています。

 特に、糖尿病学・代謝内分泌学・腎臓病学の3つの分野で、研究メンバーのアットホームな雰囲気の中で、個々の研究テーマやアイデア、システムについて有機的に連携を深めて協力することにより、効率よく質の高い研究を推進してきました。

 それぞれのメンバーがプロジェクトごとに研究チームに参加し、各チームは切磋琢磨しながらも実験室やベッドサイドまであらゆる機会を通じて、情報を共有し、智恵を集め、協働することにより、世界に通用する基礎研究、臨床研究をめざしています。

 真の医学、医療に少しでも貢献できることを願って...

(繪本正憲)

糖尿病代謝・動脈硬化研究部門

腎臓病研究部門

内分泌代謝・骨代謝研究部門

血管病態制御学部門