ホーム > 桃蹊会(大阪市立大学第一内科同窓会)

桃蹊会(大阪市立大学第一内科同窓会)

桃蹊会の由来について

桃蹊会は、当科の母体である大阪市立大学第一内科学講座の同窓会として発足しました。
第一内科は、大阪市立桃山市民病院(非現存)に源の一部を発し、「李将軍列伝」(史記)の「桃李不言下自成蹊」の故事にちなんで桃蹊会と名付けられました。
「とうりものいわざれども、したおのづからこみちをなす」と読み、桃や李は言葉で人を招くことはしないが、美しい花や美味しい実があるので人々が自然と集い、結果として小道(蹊)ができる。つまり、桃や李は、人格のある人のたとえで、徳のある人には、その徳を慕って人々が集まってくるという意味です。
自らを律して、自ら徳を積めば、人々が集い、仲間が増えていく、そんな医局を目指そうとの思いがこもっています。

平成30年度 総会・講演会のお知らせ

詳細が決まり次第、掲載します。

これまでに開催した総会

平成29年度 総会の様子 : 6月10日(土) 天王寺都ホテルにて開催
平成28年度 総会の様子 : 6月11日(土) 天王寺都ホテルにて開催
平成27年度 総会の様子 : 6月13日(土) シェラトン都ホテル大阪にて開催
※平成26年度以前の総会は、掲載しておりません。