ステージ
ホーム > 教室案内 > スタッフ紹介 > 准教授 大藤さとこ
准教授
大藤 さとこ
Satoko Ohfuji, MD, PhD

プロフィール

役職 准教授
学歴・取得学位 博士(医学) 大阪市立大学
所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本公衆衛生学会、
日本疫学会、日本ワクチン学会、日本門脈圧亢進症学会
研究テーマ
  • ワクチンの有効性・安全性・免疫原性に関する疫学研究
  • 炎症性腸疾患のリスク因子に関する疫学研究
  • 門脈血行異常症に関する疫学研究
  • ノロウイルス胃腸炎に関する疫学研究
資格
  • 社会医学系指導医・専門医
  • 日本公衆衛生学会認定専門家
自己紹介 和歌山県出身、いて座のO型です。
公衆衛生学の教員を拝命してから10年になりました。
最近は自身の健康維持にも気を配り、フィットネスにはまっています。
よろしくお願いします。
趣味 フィットネス、読書、映画鑑賞

経歴

職歴

1999年 大阪市立大学医学部附属病院第三内科 研修医
2000年 公立忠岡病院 内科医師
2001年 若草第一病院 消化器内科医師
2006年 大阪市立大学大学院医学研究科公衆衛生学 助教
2010年 大阪市立大学大学院医学研究科公衆衛生学 講師
2015年〜
現在に至る
大阪市立大学大学院医学研究科公衆衛生学 准教授

獲得科研費

1【課題名】脂肪肝患者における予後の予測因子に関する疫学研究(代表)
【課題番号】19790407
【期間】2007-2009
【研究分野】医歯薬学
【研究種目】若手研究(B)
2【課題名】生後6ヵ月未満児のインフルエンザ予防に関する疫学調査(代表)
【課題番号】25293152
【期間】2013-2015
【研究分野】疫学・公衆衛生学
【研究種目】基盤研究(B)(一般)

その他獲得外部資金

1【課題名】インフルエンザ及び近年流行が問題となっている呼吸器感染症の分析疫学研究(分担)
【期間】2008-2010
【機関名】厚生労働科学研究費補助金
2【課題名】予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究(分担)
【期間】2011-2013
【機関名】厚生労働科学研究費補助金
3【課題名】低出生体重児の消化器機能障害に関する 周産期背景因子の疫学調査研究(分担)
【期間】2013
【機関名】厚生労働科学研究費補助金
4【課題名】ワクチンの有効性・安全性評価とVPD(vaccine preventable disease)対策への適用に関する分析疫学研究(分担)
【期間】2014-2016
【機関名】厚生労働科学研究費補助金
5【課題名】低出生体重児消化器機能障害の疾患概念確立に向けた疫学調査研究(分担)
【期間】2014-2015
【機関名】厚生労働科学研究費補助金
6【課題名】門脈血行異常症に関する調査研究(分担)
【期間】2014
【機関名】厚生労働科学研究費補助金
7【課題名】門脈血行異常症に関する調査研究(分担)
【期間】2015
【機関名】日本医療研究開発機構研究費

主要論文

  1. Ohfuji S, Fukushima W, Tanaka T, Habu D, Tamori A, Sakaguchi H, Takeda T, Kawada N, Seki S, Nishiguchi S, Shiomi S, Hirota Y. Coffee consumption and reduced risk of hepatocellular carcinoma among patients with chronic type C liver disease: A case-control study. Hepatol Res 2006; 36: 201-8.
  2. Ohfuji S, Fukushima W, Tanaka T, Habu D, Takeda T, Tamori A, Sakaguchi H, Seki S, Kawada N, Nishiguchi S, Shiomi S, Hirota Y. Does a late evening meal reduce the risk of hepatocellular carcinoma among patients with chronic hepatitis C? Hepatol Res. 2008; 38: 860-8.
  3. Ohfuji S, Miyake Y, Arakawa M, Tanaka K, Sasaki S. Sibship size and prevalence of allergic disorders in Japan: The Ryukyus Child Health Study. Pediatr Allergy Immunol. 2009; 20: 377-84.
  4. Ohfuji S, Fukushima W, Deguchi M, Kawabata K, Yoshida H, Hatayama H, Maeda A, Hirota Y. Immunogenicity of a Monovalent 2009 Influenza A (H1N1) Vaccine Among Pregnant Women: Lowered Antibody Response by Prior Seasonal Vaccination. J Infect Dis. 2011; 203: 1301-8.
  5. Ohfuji S, Fukushima W, Tamori A, Maeda K, Maeda A, Hirota Y. Immunogenicity of influenza A(H1N1)pdm09 vaccine and the associated factors on lowered immune response in patients with hepatitis C. Influenza Other Respir Viruses. 2013; 7: 456-65.
  6. Ohfuji S, Fukushima W, Sasaki Y, Tamori A, Kurai O, Kioka K, Maeda K, Maeda A, Hirota Y. Influenza A(H1N1)pdm09 vaccine effectiveness and other characteristics associated with hospitalization in chronic liver disease patients. Liver Int. 2014; 34: 700-6.
  7. Ohfuji S, Fukushima W, Watanabe K, Sasaki S, Yamagami H, Nagahori M, Watanabe M, Hirota Y; Japanese Case-Control Study Group for Ulcerative Colitis. Pre-illness isoflavone consumption and disease risk of ulcerative colitis: a multicenter case-control study in Japan. PLoS One. 2014; 9: e110270.
  8. Ohfuji S, Okada K, Nakano T, Ito H, Hara M, Kuroki H, Hirota Y. Effectiveness of acellular pertussis vaccine in a routine immunization program: A multicenter, case-control study in Japan. Vaccine 2015; 33: 1027-32.