大阪市立大学・大学院医学研究科 血液腫瘍制御学

医学部 臨床検査医学

医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科

造血幹細胞移植推進拠点病院

(↑クリック)

Osaka City University Hematology Consortium

大阪造血器悪性腫瘍コンソーシアム

大阪市立総合医療センター
生長会府中病院 JR大阪鉄道病院
四天王寺病院 寺元記念病院
朋愛病院  
急性リンパ芽球性白血病

 

血液内科・造血細胞移植科の基本方針

1.患者と共に医療チームが一丸となって病気に立ち向かう

2.エビデンスに基づいた安全で質の高い医療を提供する

3.血液疾患に対する高度先進医療の推進および開発研究を行う

4.優れた知識・技術・科学的思考・倫理観を備えた人間味の豊かな血液内科医を育成する

見学大歓迎

(日野雅之hinom@med.osaka-cu.ac.jp または 中前博久m7793842@msic.med.osaka-cu.ac.jp に)

個別入局説明会実施中です。ご連絡ください。

大阪市立大学 血液内科・造血細胞移植科の移植実績

同種移植(2017/11/10現在)

17年 16年
15年
14年
13年
12年
11年
10年
09年
92-08年
92-17年
非血縁者間骨髄移植
4 9 9

11

8
16
15
11
12
98

193

非血縁者間末梢血幹細胞移植

0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
血縁者間末梢血幹細胞移植
32 20
26

23

24
10
13
17
10
70
245
血縁者間骨髄移植
0 0
2

2

1
0
0
2
1
46
54
臍帯血移植
11 10

7

10
7
10
13
11

5

40

124
47 39 44
46
41
36
41
41
28
254
615

 

(*)post CY haplo移植  119

移植後のシクロホスファミド大量療法を用いたHLA半合致(ハプロ)同種造血細胞移植法とは



疾患別同種移植数(2017/11/10現在)

 AML  ALL  MDS  CML   ML  ATL  その他  合計
262
113
71
34
48
40
49
612

同種移植成績

 

非血縁骨髄・末梢血幹細胞採取(2017/11/10現在)

2017年 2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年 00年-17年
非血縁者骨髄採取 17 26
25
20
31
26
26
17
22

337

非血縁者末梢血幹細胞採取 8 9
1
2
1

21

DLI採取 3 3
1
1
1

11

骨髄バンクより感謝状をいただきました

 

非血縁骨髄移植認定施設(2000年10月〜)

非血縁末梢血幹細胞移植認定施設(2010年10月〜)

臍帯血移植認定施設(2001年7月〜)

 

患者さんのための日曜セミナー(修了しました)

new 食事パンフレットを改訂しました

血内うがいをしましょう

 造血幹細胞移植推進拠点病院に選定されました(全国で9施設)

研修(見学も可)を随時受け入れています(医師、看護師、HCTC、管理栄養士、理学療法士など、期間は相談、近畿の方は交通費が支給可能です)

new

2017年7月1日の集中セミナーのQ6A

同種造血幹細胞移植ワークショップ(終了→ペンケースの忘れ物をお預かりしています

HCTC研修

看護師研修(修了)(カリキュラム)

HCTCセミナー(2017年12月9日(土))

臨床工学技士、臨床検査技師,理学療法士を対象としたセミナー(2018年1月27日(土))

その他職種研修も受け入れています

造血幹細胞移植ポケットマニュアルv2

移植患者手帳v2

日野(isyokukyoten_ocu@med.osaka-cu.ac.jp)までご連絡ください

造血細胞移植now & future@webに紹介されました(pdf)

チーム医療の現場から(KKsmile)で紹介されました(pdf)

リハビリについて2012(PDF)
newクリーンルームで治療をうけられる方へ2014(PDF)
成人T細胞白血病発症高危険度群の長期追跡と発病予防プロジェクト
-JSPFADへの参加を希望される方へ-
JSPFADは平成23年4月1日以降はJR大阪鉄道病院血液内科で行う予定です。大阪市立大学医学部血液内科での受付は終了いたしましたのでご注意ください。

〒545-0053大阪市阿倍野区松崎町1丁目2-22
TEL: 06-6628-2221(代表)
                                   JR大阪鉄道病院
血液内科 高 起良

 


移植サポートチーム

血液内科病棟では、造血幹細胞移植・化学療法を受けられることとなった患者様やそのご家族の方々への入院生活・治療中の心身のサポート・や退院・社会復帰へ向けての支援に、院内の様々な専門スタッフとともに取り組んでいます。ご質問や各スタッフへの相談のご希望などありましたら、いつでも当病棟の医師・看護師にお申し出ください
移植サポートチームNEWS バックナンバー掲載

抗がん剤治療説明・クリーンルーム入室の注意点・準備および移植患者様の退院後の生活について記したパンフレットを作成いたしました。ご質問や相談のご希望などありましたら、いつでも当病棟の看護師にお申し出ください。
患者様へのパンフレット

血液疾患患者会 HIKARI会ホームページ

資料のページ
-血液疾患説明文書-

 


標準的治療と研究的治療
私たちは関連病院と協力して、急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫・ホジキン病)、多発性骨髄腫等の造血器悪性腫瘍、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病、再生不良性貧血、真性多血症、本態性血小板血症、凝固異常、などの血液疾患の診療を行っています。大学では、特に、同種造血幹細胞移植(末梢血幹細胞移植、骨髄移植、臍帯血移植)を中心とした高度医療および臨床研究や治験に日々、努力しております。そのため、すべての患者様が大学病院に入院できるとは限らず、関連病院や他の病院での入院をお願いすることがあります。
非血縁者間同種骨髄移植の依頼について
大阪市立大学医学部附属病院血液内科・造血細胞移植科は、骨髄推進財団(骨髄バンク)および臍帯血バンクの移植認定施設として、非血縁者骨髄移植および臍帯血移植を行っております。非血縁者骨髄移植を当科に依頼される方は、Eメールにて御連絡いただければ、幸いです
依頼は日野(血液内科・造血細胞移植科教授:hinom@med.osaka-cu.ac.jp)までお願いいたします。

臨床雑誌「血液診療」
一般診療に携わっておられる先生方に総説や症例報告を通じて「血液内科の分野ではどのような医療が実施可能か」、「血液疾患がどのような臨床経過をとるか」などを紹介させていただくために雑誌「血液診療-Osaka Hematology Report-」を刊行しております。

COIについて