トップ ( Japanese / English )  お問い合わせ  サイトマップ
医療情報データベース
Osaka Liver Festa
概要
「第2回 Osaka Liver Festa」を開催しました
第2回大阪リバーフェスタ
世界肝炎デ―とは?

肝炎のまん延防止を目的にWHO(世界保健機関)で定められた日です。

イベントポスター   配布冊子
開催報告(なめたら・あ・肝臓ニュース)

<!-- フロートの解除 -->
内容
第2回 Osaka Liver Festa
日時:2016年7月30日(土) 13:30〜15:30
場所:大阪市立大学医学部附属病院 先端予防医療部附属クリニック MedCity21
    (あべのハルカス21階)
1. 市民公開講座(1回目13:45〜、2回目14:45〜)
「ここまで進んだB型肝炎およびC型肝炎治療」

早期発見、早期治療により治る病気となったC型肝炎や、B型肝炎についてわかりやすく説明を行います。

「腹部超音波検査(エコー)で何がわかるの?」

実際にエコー検査を行っているところを見ていただきながら肝臓について説明します。

講師紹介
田守教授
「ここまで進んだB型肝炎およびC型肝炎治療」

大阪市立大学医学部附属病院 肝胆膵内科
病院教授 田守昭博

1961年生まれ、1986年大阪市立大学医学部を卒業し1998年〜1999年Johns Hopkins Oncologyに留学する。研究テーマには「ウイルス性肝疾患の治療戦略」、「肝細胞癌の病態解析と臨床的予防/治療」、「若い医師に研究心を植え付ける方法」などがある。

<!-- フロートの解除 -->
田守教授
「腹部超音波検査(エコー)で何がわかるの?」

大阪市立大学医学部附属病院 肝胆膵内科
講師 打田佐和子

1997年医学部卒業。肝癌をはじめとした肝疾患全般の診断・治療、なかでも、超音波を用いたより侵襲の少ない診断・治療に取り組んでいる。また、腹腔鏡下検査・治療も積極的に行っている。

<!-- フロートの解除 -->
2. 肝臓の検査体験
フィブロスキャン

 フィブロスキャンという機器を使用し、肝臓の硬さ、脂肪量を測定します。的確に把握することで、肝疾患や肝がんの発生予防や早期診断、治療に役立てられます。身体を傷つけることのない検査なので、痛みや出血の心配はありません。

【注意事項】
  • 皮下脂肪の多い方や腹水のある方は正確な検査ができない場合があります。
  • ペースメーカーを使用している方、妊娠中の方は検査ができません。
    • <!-- フロートの解除 -->
3. 栄養コーナー

 SATシステム(体験型食事教育システム)を使用し、栄養評価を行います。SATシステムとは、実大のフードモデルを選んでセンサーボックスに乗せるだけで、その食品のエネルギー、栄養素量を計算し、モニター画面上で確認できる機械です。結果をもとに、スタッフがそれぞれに合った量、食べ方などを一緒に考えます。

栄養コーナー写真.1 栄養コーナー写真.1
過去の開催
「第1回 Osaka Liver Festa」の様子は医局だよりでご覧ください。
関連リンク
特記事項
  • 2016年8月10日更新