トップ ( Japanese / English )  お問い合わせ  サイトマップ
教室について
スタッフのプロフィール
Profile
准教授  榎本 大
役職 肝胆膵病態内科学准教授
学位 医学博士
氏名 榎本 大(Masaru Enomoto)
自己紹介
1967年生まれ、乙女座、B型
1993年、大阪市立大学医学部卒
2004〜2005年、テキサス大学のStanley M. Lemon博士の下に留学
医学生の頃は野球部所属
趣味:音楽鑑賞(敬愛するミュージシャンはジョン・レノン、ジョン・コルトレーン、ポール・ウェラー、モーリス・ラヴェル)

学会活動 日本内科学会(近畿支部評議員)、日本消化器病学会(学会評議員)、日本肝臓学会(学会評議員)、日本消化器内視鏡学会(近畿支部評議員)、日本超音波医学会
資格 日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
研究テーマ ウイルス肝炎の診療・研究に取り組んできました。近年、C型肝炎治療の進歩は目覚ましく、副作用の少ない治療でウイルスを排除できるようになりました。我々の病院でも1,000人近い患者さんがその進歩の恩恵を受け、病気を克服しています。ところが肝がん発症は期待したほど減っておらず、医学の進歩は新しい課題を私たちに突きつけます。ゴールの先にまた新しいゴールが現れる、これは私たちの仕事の醍醐味であり、継続するモチベーションにもなります。
また、私たちの分野には数多く難治の病気が残されています。これからも診療に研究に、真摯に取り組んでいきたいと思います。
専門分野 ウイルス性肝炎の診断と治療
主な業績 Enomoto M, Nishiguchi S, Fukuda K, et al. Characteristics of patients with hepatitis C virus with and without GB virus C/hepatitis G virus co-infection and efficacy of interferon alfa. Hepatology 1998; 27: 1388-93.
Enomoto M, Nishiguchi S. SEN viruses and treatment response in chronic hepatitis C virus. Lancet 2002; 359: 1780-1.
Enomoto M, Tamori A, Kawada N, et al. Interferon-beta plus ribavirin for patients with hepatitis C virus genotype 1: a randomised pilot trial. Gut 2006; 55: 139-40.
Enomoto M, Nakanishi T, Ishii M, Tamori A, Kawada N. Entecavir to treat hepatitis B-associated cryoglobulinemic vasculitis. Ann Intern Med 2008; 149: 912-3.
Enomoto M, Murakami Y, Kawada N. Detection of HCV RNA in Sustained Virologic Response to Direct-Acting Antiviral Agents: Occult or Science Fiction? Gastroenterology. 2017; 153: 327-328.
関連リンク
  • なし 
特記事項
  • 2017年12月26日更新