トップ ( Japanese / English )  お問い合わせ  サイトマップ
教室について
スタッフのプロフィール
Profile
病院教授  田守 昭博
役職 肝胆膵病態内科学 病院教授
学位 医学博士
氏名 田守昭博(Akihiro Tamori)
自己紹介 1961生まれ
1986大阪市大・医学部卒業

1998年〜1999年 Johns Hopkins Oncology 留学
学会活動 日本内科学会地方会評議員、日本消化器病学会評議員、日本消化器病学会近畿地区地方会評議員、日本肝臓学会評議員、日本肝臓学会西部会評議員、日本輸血細胞治療学会評議員、日本輸血細胞治療学会近畿支部評議員
資格 日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本肝臓学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会指導医・認定専門医、日本輸血細胞治療学会専門医、日本医師会認定産業医
研究テーマ ウイルス性肝疾患の治療戦略
肝細胞癌の病態解析と臨床的予防/治療
若い医師に研究心を植え付ける方法
専門分野 消化器病学・肝臓病学
主な業績 Tamori A, Enomoto M, et al. Add-on combination therapy with adefovir dipivoxil induces renal impairment in patients with lamivudine-refractory hepatitis B virus. J Viral Hepat. 2010; 17: 123-9
Hayashi T, Tamori A, et al. Differences in molecular alterations of hepatocellular carcinoma between patients with a sustained virological response and those with hepatitis C virus infection. Liver Int. 2009; 29: 126-32.
Tamori A, Yamanishi Y, et al. Alteration of gene expression in human hepatocellular carcinoma with integrated hepatitis B virus DNA. Clin Cancer Res. 2005; 11: 5821-6.
関連リンク
  • なし 
特記事項
  • 2015年4月16日更新