トップ ( Japanese / English )  お問い合わせ  サイトマップ
教室について
学会発表一覧
肝胆膵内科 論文ベストセレクション 20傑
論文の価値はインパクトファクターとともに被引用回数です。何回引用されたかが世に与えた影響とみなすことができます。
筆頭著者が肝胆膵内科あるいは旧3内科の肝臓グループの先生である場合に限ってデータを抽出しました。

※数字は2014/7/30現在、IFは2011年版です
順位 著者 【雑誌名】 / 巻/ ページ/ 発行年 引用
回数
IF
1 Nishiguchi S et al. 【LANCET】 / 346/ 1051-1055/ 1995 698 28.409
2 Oka H et al. 【Hepatology】 / 12/ 680-687/ 1990 370 11.355
3 Kawada N et al. 【Eur J Biochem】 / 213/ 815-823/ 1993 343 3.139
4 Kawada N et al. 【Hepatology】 / 27/ 1265-1274/ 1998 268 11.355
5 Oka H et al. 【Hepatology】 / 19/ 61-66/ 1994 237 11.355
6 Oka H et al. 【Cancer】 / 76/ 743-749/ 1995 195 5.238
7 Seki S et al 【J Hepatol】 / 37/ 56-62/ 2002 190 7.056
8 Nishiguchi S et al. 【LANCET 】 / 357/ 196-197 / 2001 160 28.409
9 Kawada N et al. 【J Biol Chem】 / 276/ 25318-25323/ 2001 157 5.52
10 Mizoguchi Y et al 【Hepatology】 / 7/ 1184-1188/ 1987 140 11.355
11 Kawada N et al. 【Biochem J】 / 285/ 367-371/ 1992 122 4.371
12 Nishiguchi S et al. 【Hepatology】 / 14/ 985-989/ 1991 96 11.355
13 Nishiguchi S et al. 【Ann Intern Med】 / 116/ 21-25/ 1992 90 17.457
14 Nishikawa M et al. 【Cancer Res】 / 61/ 1843-1845/ 2001 85 7.514
15 Maeda N et al. 【J Biol Chem】 / 278/ 18938-18944/ 2003 76 5.52
16 Kawakita N et al. 【Am J Pathol】 / 140/ 513-520/ 1992 74 5.697
17 Kuroki T et al. 【LANCET 】 / 347/ 908-908/ 1996 67 28.409
18 Kitada T et al. 【BBRC】 / 211/ 33-39/ 1995 64 2.648
19 Kawada N et al. 【BBRC】 / 266/ 296-300/ 1999 64 2.648
20 Kuroki T et al. 【Virchows Arc】 / 429/ 119-129/ 1996 59 2.082
関連リンク
特記事項
  • 2014年8月5日更新