トップ ( Japanese / English )  お問い合わせ  サイトマップ
教室について
トピックス
過去の掲載内容
2014年度
  • Mar3: 厚生労働省科学研究費(河田・村上・萩原)の更新が認められました
  • Feb 27:当科入局予定の森口寛子先生が「日本消化器病学会研修医奨励賞」(JSGE Junior Resident Award)を受賞しました
  • Feb 17:榎本先生のSequential療法の長期成績についての論文がJICRにaccept されました
  • Dec 12:Le Thuy 先生のCygb KO による肝発がんに関する論文がAm J Pathol にaccept されました
  • Nov 24:博士研究員 伊丹さんのmiRNA による遺伝子治療に関する論文がMol Ther Nucleic Acids (IF 6.8) にaccept されました
  • Nov 24: 寺西先生のアセトアミノフェン肝障害に関する論文がLab Invest にaccept されました
  • Nov 24:村上先生のHBV 治療の新規開発に関する論文がBBRC にaccept されました
  • July 31:村上先生のHCC におけるmiRNA 発現プロファイルに関する論文がPLOS ONE にaccept されました
  • June 9:打田先生の透析患者に対するHCV 療法の論文がJ.Virology & Antiviral Research にaccept されました
  • May 27:榎本先生のHBV 非侵襲的線維化診断に関するReview がWJG にaccept されました
  • May 2:萩原先生の膵癌に関する研究課題が厚生労働省科学研究費に採択されました

  •  
    2013年度
  • Mar 25:藤井先生のAlcoholic liver disease に関するReviewがWJG にaccept されました
  • Mar 20:川村先生のPET によるHCC 診断に関する論文がJGH にaccept されました
  • Mar 16:田守先生の血液疾患例に対するHBV 再活性化の論文がJGH にaccept されました
  • Mar 5: Daclatasvir/Asunaprevir を用いた第3 相臨床試験の共同研究成果がHepatology にaccept されました
  • Jan 20: Hai さんのHBV DNA integration と肝発がんに関するReview がWJG にaccept されました
  • Jan 14:17th ISCHS のMeeting Report がFibrogenesis Tissue Repair にAccept されました
  • Jan 13:萩原先生の肝癌のソラフェニブとCDDP 治療に関する論文がCancer Sci にaccept されました
  • Dec 23:ダクラタスビル/PEG/RBV 併用第2 相試験の共同研究成果がAntiviral Therapy に2 報Accept されました
  • Dec 11:榎本先生のIFN とDAA についての総説がHepatol Res にAccept されました
  • Oct 5:元山先生のヒト慢性肝組織におけるサイトグロビン発現の論文がLab Invest にAccept されました
  • Oct 4:榎本先生のペグリバとEPO 併用についての論文がHepatol Res にAccept されました
  • Sep 23 - 25:17th ISCHS と27th HSRJ を開催しました
  • Sep 12:新たに村上先生の研究テーマが厚生労働科学研究費に採択されました
    - 本教室から2課題の快挙
  • Aug 16:厚生労働科学研究費が採択されました
  • Aug 13:森川先生の府立大学との共同研究が朝日新聞夕刊に記事として掲載されました
  • Aug 12:田守先生のB 型肝炎に関するReview がWJG に採択されました
  • Aug 12:Hai さんのITPA SNPs に関する論文がJGH に採択されました
  • Jul 17:大阪市大重点研究A に採択されました
  • Jul 17:萩原先生の肝がん消失症例報告がIntern Med に掲載されました
  • Apr 9:学振科研費 Le Thuy 若手B、藤井、榎本基盤C、河田基盤B が内定しました

2012年度
  • Mar 14:森川先生の研究課題が日本超音波学会の研究開発班設置課題として採択されました
  • Feb 21:村上先生らのmicroRNA-18b と肝癌に関する研究がBMC Cancer にAccept されました
  • Feb 21:遠山先生らのテノホビルによるHBV 治療の症例報告がCJG にAccept されました
  • Jan 16:村上善基先生の NASH バイオマーカーに関する大垣市民との共同研究がBiomarkers にAccept されました 
  • Jan 16:榎本大先生の HCV ガイドラインに関するレターがJ Gastroenterol に Accept されました
  • Jan 4:森川講師のドラッグユーザーに対する IFNβ 治療に関する論文が Hepatol ResにAcceptされました
  • Dec 11:榎本大先生のB型肝炎に対するIFN と核酸アナログに関する総説が
    J GastroenterolにAccept されました
  • Oct 12:河田教授が大阪市立大学学友会賞を受賞 
  • Oct 11:ベトナムからの留学生TUONG THI VAN THUY 先生が到着しました 
  • Sep 24:村上先生が開発した血清microRNAを用いた肝疾患診断法に関する論文がPLOS ONEにAcceptされました 
  •  
  • Sep 21:森川先生が参画する大阪府立大学との脂肪肝検出機器の共同研究がJST研究成果展開事業に採択されました  
  • Sep 18:萩原淳司先生が日本がん治療認定医機構暫定教育医に認定されました   
  • Aug 6:元山先生が協力した兵庫医大(筒井教授ら)の肝の炎症に関する論文がHeptologyにAcceptされました
  • Jul 22:崔研究員の星細胞活性化抑制に関する論文がBBRCにAcceptされました
  • Jul 12:大阪市立大学重点研究B(村上)と奨励研究(榎本)が採択されました
  • Jul 6:榎本大先生のB型肝炎に対するSequential therapyに関する論文が
    J Gastroenterol にAcceptされました
  • Jul 3:飯塚研究員のmiR-214に関する論文がFibrogenesis Tissue RepairにAcceptされました
  • Apr 27:小塚立蔵先生のC型肝炎ウィルスの遺伝子変異の変化に関する論文がHepatology ResにAcceptされました
  • Apr 9:藤井先生の論文の図がJ Gastroenterol 3月号の表紙のをカバーしました
  • Apr 9:新入局員歓迎会をおこないました
  • Apr 8:市民公開講座「みんなで学ぶ肝臓病」をおこないました。参加者320名
     
2011年度
  • Mar 29:松浦知香先生「ミリプラチン動注療法後に発症した薬剤性肺障害の1例」が雑誌肝臓にAcceptされました
  • Mar 22:京都大学の村上善基先生を迎えてC型肝炎学術講演会を行いました
     ( photoを見る )  
  • Mar 9:小塚立蔵先生の核酸アナログの中止に関するLetterがHepatology Resにacceptされました  
  • Mar 3:小川智弘氏(現在、近畿大学)が関西Liver Clubで最優秀演題賞に選ばれました  photoを見る )
  • Mar 2:崔文浩氏が平成23年度京都府立医科大学青蓮賞(最優秀論文賞)を受賞しました
  • Feb 26:岩井秀司先生の胸腹水下RFAに関する論文がHepatogastroenterologyにpublishされました
  • Feb 22:Yale大学の岩切泰子先生を迎えてセミナーを開催しました 
    photoを見る )
  • Feb 17:河田教授が第2回バイオビジネスアワードJAPANにてバイオ先端知賞を受賞しました
  • Feb 6:川村悦史氏のIFN中の胃運動能に対するガスモチンの効果に関する論文が
    Dig Dis SciにAcceptされました
  • Jan 27:大阪大とのNASHと糖鎖に関する共同研究論文がGlycobiologyにAcceptされました
  • Jan 17:Le/河田によるMIF/Liver fibrosisに関するCommentaryがHepatologyにAcceptされました
  • Jan 5:藤井/河田によるsteatohepatitisに関するreviewが最速投稿1日で
    J GastronterolにAcceptされました
  • Dec 15:小川智弘氏の肝線維化とmicroRNAに関する論文がGUTにAcceptされました
  • Dec 12:Le Thuy先生が大阪市医学会賞を受賞 ( photoを見る )
  • Dec 9,10:西部肝臓学会(岡山)に参加してきました ( photoを見る )
  • Dec 2:山口康徳先生のC型慢性肝炎セロ2に対する治療戦略に関する論文がHepatology Resにacceptされました
  • Nov 6:米国肝臓学会(AASLD)のポスターセッションにおいて川村悦史先生の発表が優秀演題に選ばれました
  • Oct 26:研究室に王さん、崔さん、島田さんを迎えたため懇親会をおこないました
    photoを見る) 
  • Sep 30:総合医療センター上野綾子先生が日本消化器病学会近畿支部会第95回例会奨励賞を受賞しました 
  • Sep 30:Le Thuy先生が16th ISCHSでMarco Foschi Prize for Research in GI Oncologyを受賞しました
  • Sep 10:萩原先生が関西では数少ない「がん薬物療法専門医」として読売新聞で紹介されました (読売新聞の記事を見る
  • Aug 10:田守先生がまとめたPegIFN治療に関する関連施設との共同研究成果がHepatology Resにacceptされました 
  • Aug 10:上海からの留学生王(Wang)先生が到着しました。1年間滞在予定です
  • Aug 8:兵医外科宇山先生との新しい間質マーカーに関する共同執筆論文がLaboratory Investigationにacceptされました
  • July 22:学内競争的資金の新産業創世研究2件、重点研究1件が採択されました 
  • July 8:関谷由美子氏のmiR-29bと初代星細胞に関する論文がにBBRCにAcceptされました
  • July 8:田守昭博氏のTrastuzumab によりHCV感染が消失したという症例報告がAm J GastroenterolにAcceptされました
  • May 18:森元研究員のNASH組織と弾性度に関する論文がHepatology Resにacceptされました 
  • May 17:学振基盤C(新規), 若手B(新規)が採択されました 
  • May 6:大学院生山口康徳先生の愛隣地区におけるHCV感染に関する論文がHepatology Resにacceptされました
  • May 2:榎本准教授が「日本肝臓学会研究奨励賞」を受賞する事になりました
  • May 2:Le研究員のCytoglobinに関する論文がAm J Patholにacceptされました
  • Apr 19:Le研究員が日本肝臓学会Travel Awardを受賞しました
  • Apr 11:文科省新学術領域(新規)、学振基盤B, C(継続), 若手B(継続)、挑戦的萌芽(継続)が採択されました
     
2010年度
  • Mar 19:森川浩安講師の脂肪肝に関する大阪府大との共同研究がキャノン財団研究助成に採択されました
  • Mar 3:AASLD前会長のSL Friedman教授によるセミナーを開催しました
  • Mar 3:AASLD前会長のSL Friedman教授によるセミナーが開催されます
  • Feb 10:榎本准教授らの核酸アナログ製剤に関する総説が日本消化器病学会雑誌に掲載されました
  • Jan 27:河田教授が「おはようパーソナリティー道上洋三です」に出演しました
  • Dec 24:教授河田則文氏の肝線維化に関するReview(総説)がHepatology ResにAcceptされました 
  • Dec 22:准教授田守昭博氏のB型肝炎再活性化に関する論文がJ GastroenterolにAcceptされました 
  • Dec 9:肝臓病クリニカルカンファレンス21を開催しました
  • Dec 3:研究員、関谷由美子氏のmicroRNAに関する論文がJCell PhysiolにAcceptされました
  • Nov 25:阿部野肝臓倶楽部が開催されました 特別講演は有井滋樹氏
  • Nov 18-19:NASH Single Topic Conferenceが開催されました
  • Nov 11:第3回UnicoC型肝炎勉強会を開始しました。特別講演は溝上雅史氏
  • Nov 25:阿部野肝臓倶楽部が開催されます 特別講演は有井滋樹氏
  • Nov 22:Steve Caldwell教授のセミナーが開催されます
  • Nov 18-19:NASH Single Topic Conferenceが開催されます
  • Nov 11:第3回UnicoC型肝炎勉強会を開始します。特別講演は溝上雅史氏
  • Oct 13-16:DDW-Japan(横浜)が開催されました
  • Oct 2:おおさか肝疾患連携パスミーティングを開催しました
  • Sep 25:和泉市立病院杉本恭子先生が和究勉強会アワードを受賞しました
  • Sep 25:第10回肝疾患フォーラム学術集会が開催されました
  • Sep 23:東京大学とのCytoglobinに関する共同研究論文がAm J Patholにacceptされました
  • Sep 23:フローレンス大学Massimo Pinzanni教授との”Meet-the-Professor”を行いました
  • Sep 22:フローレンス大学Massimo Pinzani教授が医学部学生に講義を行いました
  • Oct 13-16:DDW-Japan(横浜)が開催されます 
  • Oct 2:おおさか肝疾患連携パスミーティングが開催されます 
  • Sep 25:第10回肝疾患フォーラム学術集会が開催されます 
  • Sep 23:フローレンス大学Massimo Pinzanni教授との”Meet-the-Professor”を行います
  • Sep 22:フローレンス大学Massimo Pinzani教授が医学部学生に講義を行います 
  • Sep 20:協和発酵キリンシーズコンテストに入選しました 
  • July29:Challenge研究会を開催しました。
  • July24:第2回大阪肝疾患ネットワークセミナーを開催しました
  • July22:基礎と臨床の接点研究会を開催しました。
  • July29:Challenge研究会が開催されます
     IFN療法時の“うつ”対処法に関する特別講演があります。
  • July24:第2回大阪肝疾患ネットワークセミナーが開催されます。
  • July22:基礎と臨床の接点研究会が開催されます 特別講演は岐阜大学 森脇教授
  • July21:大市大学内競争資金「新産業創世研究」に講師森川氏、客員教授吉里氏が採択されました。「重点研究」に教授河田氏が採択されました
  • July15:講師森川浩安氏らのエラストグラフィーに関する論文がJ Gastroenterolにacceptされました
  • July7-8:肝癌研究会が開催されました
  • June27:肝臓病市民公開講座が開催されました
  • June25:肝臓病教室が開催されました
  • June24:肝癌化学療法セミナーが開催されました
  • June20:小川氏らの論文がAm J PatholのCommentaryに採用されました
  • May27:第46回日本肝臓学会が開催されました
  • May15:IFN地域連携パス説明会が開催されました
  • May13:第1回大阪市立大学肝臓病研究会が開催されました
  • May 3:准教授榎本大氏らのエンテカビルによるB型肝炎治療と線維化に関する論文がHep Resにacceptされました
  • April29:河田教授が毎日新聞から取材を受けました
  • April22:第96回日本消化器病学会総会が開催されました
  • April 6:第6回大阪肝臓病ワークショップが開催されました
関連リンク
特記事項
  • 2015年4月7日更新