阿倍野キャンパス > 医学> 大阪市医学会市長賞授与式
第56回大阪市医学会市長賞授賞式
女神像
医学の発展・進歩に貢献する研究論文の表彰
大阪市医学会市長賞授賞式が行われました
 さる平成23年1月13日、平成22年度 第56回大阪市医学会市長賞授賞式が本院5階講堂で開催されました。約100人の列席者が集まり、大阪市医学会の山根英雄理事の司会進行で行われました。
大阪市医学会市長賞授与式の写真   
 この大阪市医学会市長賞は、大阪市医学会が主催し、医学の発展・進歩に貢献する研究論文を奨励するため第1回から大阪市医学会市長賞、第55回から大阪市医学会長賞と大阪市医学会賞が設けられ、研究の中で優れたものに対して表彰を行っています。応募対象は、大阪市医学会例会、大阪市役所医師会例会に報告されたもので、大阪市医学会雑誌、Osaka City Medical Journal、大阪市役所医師会研究年報、その他の学術雑誌に掲載された論文です。
 まず、竹内一秀選考委員長より選考経過の報告があり、本年度は14編の応募論文を2回の審議の結果、大阪市医学会市長賞受賞1編、大阪市医学会長賞受賞2編、大阪市医学会賞受賞6編に決定されました。今回受賞された大阪市医学会市長賞の選考理由については、「これまで治療法のないとされている遺伝子疾患に対する治療法を示す非常に優れた研究である」ことが評価されました。
 授賞式では、大阪市医学会市長賞は、北山啓三大阪市副市長より大阪市医学会市長賞並びに財団法人報国積善会様からの副賞の授与が行われ、受賞者代表の山田雅巳様が受賞されました。そして、北山大阪市副市長よりご挨拶をいただき、「医学の進歩に貢献する素晴らしいものであり、これからも頑張っていただきたい。」とお褒めの言葉をいただきました。次に、大阪市医学会長賞並びに医学会賞は、石河修大阪市医学会長より大阪市役所医師会並びに大阪市立大学医学部医師会からの副賞の授与が行われました。大阪市医学会長賞は、受賞者代表の平山幸雄様、池田優子様が受賞されました。また、大阪市医学会賞は、受賞者代表の永田健一様、達脇大様、神藤理様、山口真様、川平洋一様、針田伸子様が受賞されました。
 石河大阪市医学会長のご挨拶では、石河大阪市医学会長が受賞された時の貴重なお話と「地域に貢献する大学としてこれからも頑張っていただきたい」と受賞者の方々にとって励みになるお話をいただきました。
 最後に、受賞されました山田様から受賞者を代表してご挨拶があり、「ますます精進し、医療に貢献していきたい」と今後の研究に対する意気込みを力強く語られました。
 これらの研究成果が、今後の医学の進歩発展に貢献するよう、皆さまのますますのご活
躍を期待しております。
関連リンク
特記事項