研究課題の公開

細菌学の研究課題の公開

承認番号 3184
研究課題名 臨床分離微生物を用いた包括的データベースの作成
研究の意義・目的 臨床分離微生物と分離された患者の臨床情報をデータとして蓄積し、包括的なデータベースを作成する。将来的には、本データベースから個別にデータを抽出し、疫学研究としてのデータ解析を行うことで医学の進歩に寄与することを目指す。
研究期間 承認後~2030年3月31日
研究対象者の範囲 1990年1月1日~2025年3月31日の期間に、本研究に参加する施設・診療科を受診し、通常の診療の範囲内で、臨床検査材料(血液等)から微生物が分離された患者様が対象です。
利用又は提供する試料・情報の項目 臨床材料(血液、尿、髄液等の体液、生検・手術等による組織検体)
臨床分離株
臨床分離株の解析結果
分離された患者様の診療記録等
利用者の範囲 共同研究機関に試料・情報を提供する
共同研究機関から試料・情報の提供を受ける
自施設が共同研究の代表施設である
試料・情報を公表する
共同研究機関の情報 国立感染症研究所 鈴木仁人
大阪市立総合医療センター 白野倫徳
代表施設のURL http://www.med.osaka-cu.ac.jp/bacteriology
試料・情報を公表する方法 論文、学会等
試料・情報の提供方法 匿名化されているもの(特定の個人を識別できないもの)を提供する。
試料・情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称 金子 幸弘
拒否機会の保障 本研究の対象者の方は、問い合わせ先に連絡することによっていつでも本研究への参加を拒否することができます。また、研究への参加を拒否されても、診療に関する不利益等を受けることは一切ありません。
拒否を受け付ける方法 電話 06-6645-3745

承認番号 3568
研究課題名 Acinetobacter属臨床分離株に関する疫学研究
研究の意義・目的 既に集積されたAcinetobacterに関連するデータを、臨床情報との相関も含めて有効に活用し、疫学情報として公開することで、医学の進歩に寄与する。
研究期間 倫理委員会承認後 ~ 2030年3月31日
研究対象者の範囲 「臨床分離微生物を用いた包括的データベースの作成(本学医学研究科倫理委員会ですでに承認、承認番号3184)」として、本学医学部附属病院で既存試料・情報を登録した患者様で、かつ、1990年1月1日~ 2025年3月31日の期間に、上記既存試料(血液等)からAcinetobacterが分離された患者様が対象です。
利用又は提供する試料・情報の項目 菌情報:菌種、薬剤感受性、遺伝子型
患者様の診療情報:年齢、性別、基礎疾患、入院期間、分離日、使用している抗菌薬等
利用者の範囲 共同研究機関に試料・情報を提供する
共同研究機関から試料・情報の提供を受ける
自施設が共同研究の代表施設である
試料・情報を公表する
共同研究機関の情報 国立感染症研究所 鈴木仁人
大阪市立総合医療センター 白野倫徳
代表施設のURL http://www.med.osaka-cu.ac.jp/bacteriology
試料・情報を公表する方法 論文、学会等
試料・情報の提供方法 匿名化されているもの(特定の個人を識別できないもの)を提供する。
試料・情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称 金子 幸弘
拒否機会の保障 本研究の対象者の方は、問い合わせ先に連絡することによっていつでも本研究への参加を拒否することができます。また、研究への参加を拒否されても、診療に関する不利益等を受けることは一切ありません。
拒否を受け付ける方法 電話 06-6645-3745