大学院教育

卒後研修2年終了後、大学院入学試験に合格した者を毎年2-5人、研究テ−マに沿って、大学院学生として受け入れている。

研修プログラムの概要(※専門医制度の改変により2018年度から大きく変更されます)


 上記5年間の内、関連病院(単科精神科病院が主)の常勤および非常勤、大学病院病棟主治医(2年間)、大学病院一般外来担当医(1年間)などを通じての臨床研修指導を受けつつ、大学院での研修指導を受けます。期間内に医学博士および精神保健指定医、精神神経学会専門医を取得します。
 総合コースは主に大学病院で臨床と研究を両立しながら大学院にて医学博士号を取得するコースで、基本コースは主に精神科病院で臨床能力を高めつつ、どちらも精神保健指定医、精神神経学会専門医などの資格を取得してゆきます。