item6
item6

大学院医学研究科

item6
item6

大阪市立大学

item6
item6
item6

核医学教室

item6
item6

Osaka City University

Department of Nuclear Medicine

item6
item6
item6

医学部附属病院

item6
item6

核医学科

item6
item6
item6

核医学教室 河邉讓治

核医学検査の原理と実際 臨床編 甲状腺シンチ

先生、甲状腺という臓器は、どんな臓器なんですか?

甲状腺は、蝶々のように前頚部に張り付くように存在している臓器で、

甲状腺ホルモンというのはどういうホルモンなんですか?

左の図をクリックしてください。

甲状腺から分泌され、一般に

甲状腺の疾患は、大別して、今まで説明してきた甲状腺機能の異常と、甲状腺腫瘍の2種類に分類することができます。まず、甲状腺機能の異常についてお話します。

機能亢進を示す場合は、ほとんどが、

機能低下を示す原因はいろいろありますが、有名なものとしては慢性甲状腺炎があります。これも、甲状腺に対する自己抗体ができることで甲状腺機能を損なう場合がある自己免疫疾患といえます。症状は、全身の代謝が低下するので、むくみ、寒がり、疲れやすい、動作緩慢、便秘、などがみられます。成人では、胸部X線写真で心陰影が増大するのが特徴です。治療は、簡単で甲状腺ホルモン製剤を服用することです。

先生、機能亢進症とか低下症とかどのように診断するんですか?

いい質問ですね。普通は血液中の甲状腺ホルモンの濃度を調べることになります。

血液検査ですよね? 痛そうだなあ。ほかの方法はないんですか?

甲状腺シンチを使って甲状腺の機能を測定する方法があります。これは、I-123のカプセルを飲むだけで注射はありません。すなわち、甲状腺に取り込まれるヨードの割合を求めることで甲状腺機能を計算するものです。

途中で申し訳ありませんが、甲状腺シンチで使う放射性医薬品です。通常の診断ではNaI-123(I-123ヨウ化ナトリウム)を用いますが、甲状腺腫瘍診断ではさらにTl-201-Cl(Tl-201塩化タリウム)を使うことが多いです。

まず1週間ヨード制限をします。その後、I-123のカプセルを飲みます。これは、

大丈夫です。

先生、実際の症例を見せてください。

この甲状腺シンチのいいところは、ヨード摂取率を数値で比較できるし、また、画像としても評価できることです。向かって左側から機能亢進症、正常、機能低下症のI-123ヨード甲状腺シンチ像です。我々は、シンチ画像(シンチグラフィ)とヨード摂取率の両者から、甲状腺機能診断を行っている訳です。

先生、甲状腺腫瘍はどうなっているんですか?

甲状腺腫瘍は良性腫瘍と悪性腫瘍があります。良性腫瘍は腺腫、悪性腫瘍は腺癌です。良悪の鑑別のためにタリウムシンチを用います。まず、Tl-201-Cl 注射液74MBq を静脈注射し、

いま、甲状腺右葉の下極に甲状腺腫瘍があったとしましょう。I-123ヨードシンチを行うと、

ほかに、甲状腺嚢胞(中に水分の入った袋状の病変。ほとんど無害のことが多い。ふくれていると外から見ても腫瘍か嚢胞か区別がつかない )においてもcold noduleが認められます。

タリウムは、はじめは

時間が経過すると

この症例は、左甲状腺腫瘍です(向かって右が左になります)。I-123シンチで左甲状腺の集積がかなり淡くなっています。これを、cold noduleということは習いましたね。わかりますね。タリウムシンチの早期像では、このcold noduleの部分に強い集積が存在しております。つまり、ここに結構強い血流があることを示している訳です。ところが、3時間後の後期像ではその集積や甲状腺の集積はきれいに消失しています。これも、先ほどのお話通り、良性腫瘍や正常甲状腺はタリウムの親和性が弱いため集積がなくなってしまうことが多いのです。これを、集積の洗い出し(washed out)と呼んでいます。

この症例は、右甲状腺癌の症例です。I-123ヨードシンチでは右葉上部にcold noduleが認められます。タリウムシンチ早期像では、黒矢印のごとくcold noduleに一致して強い集積が認められます。また、赤矢印のように甲状腺の外側にも異常集積が認められます。もちろんヨードシンチで集積している正常甲状腺部分にもタリウムは集積しています(空色矢印)。3時間後では、

ギコ君。ルミ子さん。どうでしたか。内容が多過ぎで何れを取捨選択するかホントに困りました。次回は、腎シンチ、肺シンチ、ガリウムシンチや骨シンチ、などを中心にお話しできると思います。

先生、お疲れ様でした。核医学は取っ付きにくかったけど、なんかわかったような気がします。次回もよろしくお願いします。

item6a