本文へスキップ

大阪市立大学大学院医学研究科 総合医学教育学/大阪市立大学医学部附属病院 総合診療センター

総合診療センターについて

ごあいさつ



大阪市立大学大学院医学研究科 総合医学教育学
大阪市立大学医学部附属病院 総合診療センター
教授  首藤 太一

 本邦において総合診療は、1976年に初めて標榜されるようになった新しい診療科です。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センターは、1993年5月に新病院の開設と共に総合診療部として発足しました。
 診療部長には臨床検査医学の巽典之教授が兼任され、各内科部門より派遣された教員により、5つの診察室を使って診療が開始されました。2002年4月には麻酔・集中治療医学の浅田章教授が兼任教授として就任されるとともに、専門診療科より5人の専任教員が赴任し、総合診療科として独立しました。
さらに皮膚科、整形外科、婦人科、精神科、形成外科からの応援により、より充実した体制となりました。2003年1月には拡張工事が終了し、総合診療センターとして12診察室体制になりました。
 2004年10月に大学院医学研究科病態診断・生体機能管理医学大講座内に、卒後医学教育学が新規の講座として設置され、名実ともに他学に遜色ない講座・診療部門が完成されました。
 2005年5月より、総合診療センターのスタッフのみでプライマリ・ケア診療が行われています。またプライマリ・ケア診療を補完する目的で、女性、漢方、頭痛、禁煙の4診療部門が特殊外来として診療協力医の助けを受けながら運営されています。
 2007年3月にはシミュレーション教育の充実を目指して、平成17年度文部科学省「地域医療等社会的ニーズに対応した医療人教育支援プログラム」の助成金によるスキルスシミュレーションセンターがオープンし、シミュレーターを利用した医療教育が医学生や研修医のみならず病院職員、看護学生や看護師、医学部進学希望者、さらには一般市民にもおこなわれています。
 プライマリ・ケア教育を充実させるために、2011年4月より消化器内科病棟の3床を利用して入院診療も開始しています。医学教育は卒後に限定したものではなく、卒前・卒後・生涯教育と連続性が求められ、多職種間連携も大切です。
 2013年4月より、大学院医学研究科医療管理医学大講座内の総合医学教育学講座として新たに出発しました。

・教育

 文部科学省が推進する医学部教育のひとつに、診療参加型教育の充実が挙げられています。すなわち講義主体の従来型教育ではなく、医療現場での体験や研修をより多く経験させようとするものです。
 われわれは臨床実習において、外来初診患者の医療面接や身体診察により診断に至る過程を体験し、全人的医療を体験してもらっています。コミュニケーション能力の向上や臨床実習前の基本的臨床技能習得のための、シミュレーション教育も提供しています。
 領域別専門医は「深さ」を求めますが、総合診療医は「扱う問題の広さと多様性」が特徴であり、地域を診る視点も大切です。初期臨床研修では「初診患者さんを多く診る」を基本的なコンセプトにして、カリキュラムを作成しています。入院診療にも力を注いでいますが、主体は外来研修で、大阪市大病院だけでなく地域の病院や診療所でも研修させていただいております。
 今までの専門医制度において、総合診療は基本領域に含まれていませんでした。専門医制度の改革により19番目の基本領域の専門医として明記されています。後期(専門医)研修では、大阪市大病院での入院・外来診療を中心にして、地域での病院や診療所(在宅診療を含む)研修もカリキュラムに取り入れています。2010年4月には大阪市立大学医学部附属病院「総合医・家庭医研修プログラム」が、日本プライマリ・ケア連合学会の後期研修プログラムに認定されました。
 教育・研修体制を補完するために、毎週水曜日の定期weeklyカンファレンス、初期臨床研修医が主体になった3ヵ月ごとの多施設合同カンファレンス、地域のプライマリ・ケア医が参加する大阪プライマリ・ケア研究会を開催し、早朝カンファレンスやランチョンカンファレンス、抄読会も行なっています。また結婚・出産後の職場復帰やワークライフバランスを考えた診療・研修も随時受け入れています。

・診療

 総合診療センターでは、受診すべき診療科がわからない患者さんや診断がついていない患者さんに対応し、患者さんが適切な専門診療を受けられるよう、ガイド役としての役割を担っています。また不明熱や全身倦怠感などのコモンプロブレムをはじめとして、いくつかの愁訴をもっている患者さんの受診が多く、地域の病院や診療所の先生方と適切に協力・連携しながら診療を進めております。入院診療においては若干の制限がありますが、専門診療科が不明で入院を必要とする患者さんの治療ができるようになりました。総合診療センターは、地域と大阪市大病院の橋渡し役としての機能をもっております。
 総合診療センターでは、患者さんの病状(症状)を傾聴し、十分な身体診察や各種検査で診断をつけ、投薬などの治療を行います。専門的な診療や継続的な治療が必要な場合は、院内・院外を問わず適切と思われる医療機関をご紹介いたします。
 短期間の治療で軽快すると思われる急性疾患や急性症状については、 総合診療センター内での治療も行っております。慢性疾患に対しても、病状に応じて必要な初期治療を行う場合がありますが、以後の継続治療については、 各専門施設にご紹介させていただいております。

・研究

喫煙の生体に及ぼす影響
喫煙・禁煙による生体反応を測定し、評価を行います。

スキルスシミュレーションセンター(SSC)を活用した医師キャリア形成システムの確立
卒前卒後医学教育を充実させるため、SSCを利用してシミュレーション教育の必要性や有用性を検討します。

卒後臨床研修におけるプライマリ・ケア教育プログラムの開発
プライマリ・ケアを習得するには、基本科目の習得が不可欠です。それらの習得を基盤にした総合診療の役割を明確にします。

総合診療センター受診患者の臨床疫学的研究
外来初診患者を解析し、とくに多臓器に及ぶ問題点を有する症例やいずれの領域にも当てはまらない境界領域の症例の疫学的研究を進めます。

都市型大学病院における総合診療センターの役割
大阪市内唯一の大学病院であり、卒前・卒後の臨床研修における各医療機関とのネットワーク化を図るための方略を検討します。

総合医学教育学/総合診療センターでは、「Teaching is Learning」を基本理念に掲げ、卒前・卒後のシームレスな屋根瓦式の教育・研修体制を目指しています。

Information

〒545-8585
大阪市阿倍野区旭町1-4-3
大阪市立大学大学院医学研究科
           総合医学教育学
大阪市立大学医学部附属病院
           総合診療センター


医局の見学をご希望の方は
下記へご連絡下さい。

mail:soshin@med.osaka-cu.ac.jp
電話番号:06-6645-3797(医局)
担当:鈴木(スズキ)