本文へスキップ

大阪市立大学大学院医学研究科 総合医学教育学/大阪市立大学医学部附属病院 総合診療センター

専門医育成コース

「総合診療・家庭医」後期研修プログラム

立派な開業医になるには独学は難しい…。
我々は病院群で連携して家庭医のプロを育てます!

家庭医療専門医の資格を取得出来ます。
入局希望や興味のある方は下記までご連絡ください。

【概要】

これまで多くの医師は専門医として病院勤務の後、開業後経験的に学び、家庭医として修練を積んできました。
しかし、開業後、独学でしっかりした家庭医学を学ぶのは困難です。大学病院で家庭医学を研修することは、訪れる患者層の違いなどから限界があります。
本学附属病院総合診療センターでは、地域医療機関で遭遇することが、まれなものから、ありふれたものまで多彩な疾患を経験できるという特徴があります。
また、教育技法を習得し臨床経験の豊富な教員を多く抱えており、系統的な学習が可能です。
私たちは、大学病院の長所を生かした「総合診療・家庭医」養成のための本プログラムを作成し、日本プライマリ・ケア連合学会で認可されました

【内容と特色】

期間は初期研修修了後、後期研修医として3年間で、以下の施設で本人の希望を考慮して研修を行います。
本プログラムにより専門医試験の受験資格が得られます。
この資格を基に、2階建て方式によるhospitalist(病院総合医)としての研修も計画されています。
本学医学部附属病院が中心となり、小児科を含む専門診療科での研修のみならず、市民病院、関連病院、地域開業医との連携を密に行うことを特徴とした研修を行います。
そのため、都会で系統的な研修ができます。
このように、大都市圏で認可された「総合診療・家庭医療プログラム」は現時点ではほとんどありません。

連携機関

【研修施設】

・大阪市立大学医学部附属病院 総合診療センター
・大阪市立大学医学部附属病院 各専門診療科
・きっこう会多根総合病院 総合診療科
・大阪市立総合医療センター 総合診療科
・寺西報恩会長吉総合病院 内科
・東住吉森本病院 救急・総合診療部
・石切生喜病院 内科・救急医療センター
・PL病院 総合診療科
・市立藤井寺市民病院 内科
・診療所(笹尾医院、菜の花診療所)

【評価と資格】

3年の研修後、日本プライマリ・ケア連合学会によるポートフォリオ評価と試験(論述試験及び臨床能力評価試験)で合否が決定されます。

【プログラム責任者】

首藤太一(大阪市立大学大学院医学研究科 総合医学教育学/大阪市立大学医学部附属病院 総合診療センター 教授)

【連絡担当者】

竹本恭彦(大阪市立大学大学院医学研究科 総合医学教育学/大阪市立大学医学部附属病院 総合診療センター 講師)
Tel 06-6645-3797
Fax 06-6645-3796
Mail : soshin@med.osaka-cu.ac.jp


Information

〒545-8585
大阪市阿倍野区旭町1-4-3
大阪市立大学大学院医学研究科
           総合医学教育学
大阪市立大学医学部附属病院
           総合診療センター


医局の見学をご希望の方は
下記へご連絡下さい。

mail:soshin@med.osaka-cu.ac.jp
電話番号:06-6645-3797(医局)
担当:鈴木(スズキ)